平成19年  保健医療サービス分野②

問題36 介護保険の訪問看護について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 訪問看護師が行う残存機能を活かした入浴介助や排せつ介助などの生活支援も、リハビリテーションに含まれる。
2 特別管理加算を含めた居宅サービス計画を作成すれば、在宅で療養している要介護者は、24時間いつでも訪問看護によるサービスを受けることができる。
3 訪問看護の対象者は、リハビリテーションを必要とし、要介護認定を受けている高齢者である。
4 訪問看護の役割には、介護負担の軽減を図るため、必要な時に家族関係の調整を行い、介護できる家族環境を整える家族支援は含まない。
5 訪問看護の役割には、在宅療養者が気持ちよく生活できるよう、食事・排泄・清潔などの基本的な生活を整えるケアが含まれる。

 

 

解答1・5

 

 

問題37 在宅での医療管理について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 人工透析には、大きく分けて血液透析と腹膜透析があり、腹膜透析を行う場合、週3回程度の定期的な通院が必要となる。
2 在宅酸素療法が適用される疾患としては、慢性閉塞性肺疾患が最も多い。
3 在宅成分栄養経管栄養療法は、経口摂取ができない患者に高カロリー液を輸液する方法である。
4 前立腺肥大症、膀胱頚部硬化症及び尿道狭窄が原因で自然排尿が困難な場合には、膀胱留置カテーテル法による排尿管理を第一に考える。
5 在宅人工呼吸療法は、主として神経難病や長期の意識障害を持つ者に利用される。

 

 

解答2・5

 


問題38 高齢者の虐待について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 被虐待高齢者は、男性より女性が多く、また、認知症のある者の方がない者より多い傾向がある。
2 今すぐには生命に危険はないが、医療を必要とするほどの外傷があったり、そのような外傷を受ける可能性が高いと考えられる場合は、緊急介入の必要性が高いと判定される。
3 虐待の発見又は、疑いのある状態に直面したサービス提供事業者等は、窓口機関に通報した後は、市町村が第一義的に責任をもって対応するため、対応をしてはいけない。
4 徘徊をする認知症高齢者に対して、ひもでいすに固定したり、部屋に鍵をかけたり、向精神薬により行動を制限することは、安全を確保するためであっても、身体拘束となる。
5 高齢者虐待の種類には、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、経済的虐待、介護放棄(ネグレクト)がある。このうち最も多いのは、経済的虐待である。

 

 

解答1・2・4

 

 

問題39 介護老人保健施設及び短期入所療養介護について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護老人保健施設においては、在宅復帰を目指す施設としての役割のため、短期入所療養介護、通所リハビリテーションなどの事業などが提供される。
2 介護予防短期入所療養介護は、施設サービスであるので、要支援者は利用できない。
3 介護老人保健施設は、地方公共団体、医療法人、社会福祉法人、その他厚生労働大臣が定めた者が開設することができる。
4 短期入所療養介護の最大の役割は、必要な医療を中心に行い、在宅復帰のためのリハビリテーションを行うことである。
5 短期入所療養介護においては、ターミナルケアを実施することも可能である。

 

 

解答1・3・5

 


問題40 介護療養型医療施設について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が長期療養を必要とする要介護者であるため、在宅復帰を目指した取組みを行う必要はない。
2 提供される基本的なサービスは医療であり、利用者の生活に配慮する必要はない。
3 介護療養型医療施設の需要が増すことから、今後、病床数の大幅な増加が予定されている。
4 利用者に行われるべきリハビリテーションは、主として維持期のリハビリテーションである。
5 退院時に利用者や家族等に療養上の指導を行った場合、一定の要件の下、介護報酬の加算が算定できる。

 

 

解答4・5

 

 

問題41 検査結果と身体状況又は疾患名との組み合わせについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 血清アルブミン値の低下———-低栄養
2 血清クレアチニン値の低下——–腎機能低下
3 γ-GTP値の上昇—————アルコール性肝炎
4 HDL-コレステロール値の上昇—–高脂血症
5 血小板数の低下—————-出血傾向

 

 

解答1・3・5

 


問題42 感染症について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 高齢者の肺炎においては、食欲低下、全身倦怠感などの非特異的な初期症状を示すことが少なくない。
2 高齢者において、本人が予防接種を受けることを希望しない場合は、予防接種法に基づくインフルエンザ予防接種を行うことはできない。
3 高齢者の誤嚥性肺炎の予防のためには、まず抗菌薬の投与が必要である。
4 ノロウイルス感染症が疑われる高齢者の嘔吐物処理に際しては、手袋のみ着用すればよい。
5 高齢者が感染症による下痢をしている場合は、水分摂取は控えなければならない。

 

 

解答1・2

 

 

問題43 認知症について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 認知症の症状は、記銘力や記憶力の障害、見当識障害、判断力や理解力の低下等であり、運動障害や嚥下障害はほとんどみられない。
2 アルツハイマー病の場合、CTスキャンの所見としては、脳室が縮小する。
3 認知症ケアは、他者との交流を持ち続けることが重要であるため、「よりそうケア」よりは「あたえるケア」を基本として行う。
4 認知症高齢者を介護する家族に対するケアとしては、孤立した状態を避けるため、ボランティア等による地域での見守りのシステムを作ることも有効である。
5 認知症は、早期のケアが有効であるので、症状が出現したら早期に専門機関を受診する必要がある。

 

 

解答4・5

 


問題44 栄養摂取のあり方について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 肥満の場合の食事療法は、摂取エネルギーだけでなく、その他の栄養素も必要量未満に制限する。
2 低栄養状態では、疾病が悪化し、褥瘡が発生しやすくなる。
3 鉄欠乏性貧血がある場合には、鉄を多く含む食品と同時に、脂肪を充分に摂取する。
4 糖尿病で肝炎を合併している場合には、エネルギー総摂取量を制限しつつ、蛋白質をやや多めに摂取するようにする。
5 低蛋白血症の場合は、エネルギーの総摂取量を制限する。

 

 

解答2・4

 

 

問題45 緊急時の対応等について適切なものはどれか。3つえらべ。

1 意識レベルは、全身状態とバイタルサインと並んで患者の重症度や緊急性の指標となる。
2 意識レベルを測る指標として、我が国では3-3-9度方式(Japan Coma Scale) が広く用いられており、数値が小さいほど意識レベルが低いことを示す。
3 高齢者の入浴中の死亡事故は、特に冬場に多い。
4 窒息では数分以内に心肺停止に陥るため、介護者など傍らにいるものが早急に異物除去を試みる必要がある。
5 「心肺蘇生のABC」とは、気道確保、人工呼吸、静脈路確保の3つを指す。

 

 

解答1・3・4

 

 

関連ページ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ