平成20年  介護支援分野②

問題 9 介護保険制度における住所地特例の適用があるものはどれか。3つ選べ。

1 養護老人ホーム
2 介護老人保健施設
3 認知症対応共同生活介護(グループホーム)
4 特定施設
5 地域密着型介護老人福祉施設

 

 

解答1・2・4

 

 

問題 10 介護保険事業計画について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 厚生労働大臣は,介護保険事業計画の基本指針を定め,又はこれらを変更するに当たっては,総務大臣その他関係行政機関の長に協議しなければならない。
2 都道府県介護保険事業支援計画は,都道府県老人福祉計画及び医療計画と一体のものとして,作成されなければならない。
3 市町村介護保険事業計画は,3年を1期として定める。
4 市町村介護保険事業計画の策定や変更については,都道府県に意見を求める必要はない。
5 都道府県介護保険事業支援計画では,介護給付等対象サービス事業及び地域支援事業従事者の確保又は資質の向上に資する事業を定めなければならない。

 

 

解答1・3・5

 


問題 11 次の記述のうち正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護保険の法定給付に要する公費負担のうち国庫負担は,すべての都道府県に対して一律に交付される。
2 第2号被保険者の保険料負担分は,社会保険診療報酬支払基金から各都道府県に介護給付費交付金として交付される。
3 第1号被保険者の保険料率は,各市町村のサービス供給見込量等を踏まえて,毎年設定しなければならない。
4 市町村は,特別な理由がある者に対し,条例により,保険料の減免や徴収猶予を行うことができる。
5 普通徴収による介護保険料は,市町村から委託を受けたコンビニエンスストアで支払うこともできる。

 

 

解答4・5

 

 

問題 12 地域支援事業について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 家族介護支援事業は,包括的支援事業に含まれる。
2 総合相談・支援事業は,任意事業である。
3 包括的支援事業を委託する場合は,全体を一括して行わなければならない。
4 老人介護支援センターの設置者は,包括的支援事業の実施を受託できる。
5 介護給付等費用適正化事業は,必須事業である。

 

 

解答3・4

 


問題 13 国民健康保険団体連合会について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 都道府県の委託を受けて,介護報酬の審査・支払い業務を行っている。
2 介護給付費請求書の審査を行うため,介護給付費審査委員会を設置する。
3 利用者からの苦情を受け付け,サービス提供事業者に対する指導・助言及び立入検査を行う。
4 介護給付審査委員会は,それぞれ同数の介護給付等対象サービス担当者代表委員,市町村代表委員及び公益代表委員により構成される。
5 介護サービスの提供事業や介護保険施設の運営を行うことができる。

 

 

解答2・4・5

 

 

問題 14 介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 市町村長は,調査事務を指定調査機関に行わせることができる。
2 指定調査機関は,調査を受ける事業者から調査手数料を徴収できる。
3 指定情報公表センターは,情報公表事務に係る手数料は徴収できない。
4 公表されるべき項目に,苦情対応の取組状況は含まれない。
5 介護サービス事業者が情報公表のための報告等の命令に従わないときは,指定の取消もあり得る。

 

 

解答2・5

 


問題 15 要介護認定について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 新規認定の有効期間は原則6月間であるが,市町村が介護認定審査会の意見に基づき必要と認める場合には,1年間の範囲内で定める期間とすることができる。
2 市町村から審査判定業務の委託を受けた都道府県は,介護認定審査会を設置するとともに,認定調査を実施しなければならない。
3 市町村が要介護認定を行ったときは,介護認定審査会の意見を介護支援専門員に通知しなければならない。
4 市町村は,新規認定及び更新認定に係る調査を指定市町村事務受託法人に委託することができる。
5 認定を受けた被保険者は,有効期間満了日前でも,要介護状態区分変更の認定を申請することができる。

 

 

解答4・5

 

 

問題 16 要介護認定について正しいのはどれか。3つ選べ。

1 特定疾病には,進行性筋ジストロフィー症が含まれている。
2 要介護認定の効力は,その申請のあった日にさかのぼって生じる。
3 介護認定審査会の委員の定数は,市町村の条例により定める。
4 要介護認定等基準時間には,輸液の管理等の医療関連行為に要する時間は含まれない。
5 地域密着型介護老人福祉施設には,申請手続きの代行が認められている。

 

 

解答2・3・5

 

 

関連ページ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ