平成21年  介護支援分野①

問題1 介護保険制度以前の高齢者保健福祉サービスについて、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 特別養護老人ホームの入所に係る利用者負担(費用徴収)は、所得に応じたものとなっていた。
2 老人福祉サービスの措置による利用は、「反射的利益」に過ぎないと解されていた。
3 特別養護老人ホームの利用者負担(費用徴収)が中高所得者層にとって病院よりも重かったことも、社会的入院の一因になっていた。
4 特別養護老人ホームの整備が進んだ結果、医療ニーズの高い高齢者が特別養護老人ホームに措置されてしまった。
5 特別養護老人ホームへの入所は措置であったため、著しい高所得者は入所資格がなかった。

 

 

解答1・2・3

 

 

問題2 次の記述のうち正しいものはどれか。3つ選べ。

1 平成19年国民生活基礎調査によれば65歳以上の者のいる世帯では、単独世帯と夫婦のみの世帯の合計が半数以上を占める。
2 離れて暮らす高齢者の呼びかけにより、子供との同居率は近年少しずつ増加傾向に転じている。
3 家族が介護の携わる事によって失う機会費用は社会全体で相当な額に上る。
4 介護保険事業報告によれば、要支援・要介護認定者数は、平成16年度以降400万人を超えている。
5 介護保険事業状況報告によれば、居宅サービス利用者は、未だ100人台にとどまっている。

 

 

解答1・3・4

 


問題3 社会保障について正しいのはどれか。2つ選べ。

1 社会保障制度審議会の1950(昭和25)年報告では、老齢の者の介護費用について経済保障の途を講ずべきとされた。
2 社会保障制度審議会の1950(昭和25)年勧告では、老齢の者の介護については、国家扶助の方法によらず、保険的方法で救済の途を講ずべきとされた。
3 高齢者福祉は社会保障の範囲には含まれない。
4 公的扶助である生活保護も、社会保障制度の範囲に含まれる。
5 かつての老人保健法に基づく「医療等」は、医療保険の保険者の共同事業であるので社会保険に含まれる。

 

 

解答4・5

 

 

問題4 介護保険制度の創設に関する平成8年の老人保健福祉審議会報告の内容について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 必要な場合には、行政による措置を行う事が重要とされた。
2 サービス利用者全員に居宅介護支援を義務づけることが適当とされた。
3 ケアプラン作成の一連の手順は、要介護認定と連動して行うなどにより迅速かつ効率的な仕組みとすることが重要とされた。
4 ケアプラン作成は、介護保険制度の枠内で行うものであるから、近隣の協力など保険給付の対象とならないサポートは盛り込まないことが適当とされた。
5 施設入所者については、退所計画を作成する事が適当とされた。

 

 

解答1・3・5

 


問題5 介護保険の給付に優先するものとして正しいものはどれか。3つ選べ。

1 労働災害補償保険法
2 健康保険法
3 戦傷病者特別援護法
4 生活保護
5 地方公務員災害補償法

 

 

解答1・3・5

 

 

問題6 介護保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 所得額にかかわらず一定の自己負担上限額を設け、高額介護サービス費を支給する。
2 指定介護老人福祉施設に入所する低所得の要介護者の食費・居住費の負担については、所得段階に応じた負担限度額が設けられている。
3 刑事施設、労役場等に拘禁された者については、その期間に係る介護給付等は行わない。
4 市町村は、介護給付費の算定に関する基準を定めようとするときは、議会の承認を得なければならない。
5 居宅サービス計画費の支給は、被保険者があらかじめ居宅介護支援を受ける旨を市町村に届け出なくても、現物給付化される。

 

 

解答2・3

 


問題7 介護保険事業計画について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 都道府県介護保険事業支援計画において、介護専用型特定施設入居者生活介護に係る必要利用定員総数が定められる。
2 都道府県介護保険事業支援計画において、認知症対応型共同生活介護に係る必要利用定員総数が定められる。
3 市町村が介護保険事業計画を定める時は、あらかじめ都道府県の意見を聴かなければならない。
4 市町村介護保険事業計画及び都道府県介護保険事業支援計画は3年を一期として定める。
5 市町村は、介護保険事業計画において保険料を定めなければならない。

 

 

解答1・3・4

 

 

問題8 介護保険の第二号被保険者に係る保険料で負担するものとして正しいものはどれか。2つ選べ。

1 包括的支援事業に要する費用
2 財政安定化基金の財源
3 施設等給付費
4 市町村特別給付に要する費用
5 介護予防事業に要する費用

 

 

解答3・5

 

 

関連ページ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ