平成21年  介護支援分野③

問題17 介護支援専門員の基本姿勢として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 介護支援専門員は、感受性、観察力、洞察力をもって要介護者等の人権を擁護する。
2 介護支援専門員は、利用者に誤りのないサービス選択を促すために、専門職としての意見を先に述べるよう にする。
3 介護支援専門員は、自己覚知に努め、自らの感情や行動をコントロールできるようになることが重要である。
4 公平性とは、要介護者等に均等にサービスを配分することである。
5 要介護4以上の利用者の場合には、自立支援よりも安静を優先する。

 

 

解答1・3

 

 

問題18 ケアマネジメントについて、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 利用者の社会との関わりへの支援は、含まれない。
2 家族の就労の継続等の社会活動の実現は、含まれない。
3 在宅生活の継続において家族の存在は大きいので、家族の考えを優先していくのがよい。
4 家族の介護力をアセスメントし、その能力を高めていくことが必要になる。
5 利用者に代わって、保険者等に苦情を訴える支援を行うことがある。

 

 

解答4・5

 


問題19 指定居宅介護支援事業者について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 指定の取り消しを受けた場合は、法に定める期間の経過後でないと再度指定を受けられない。
2 利用申込者が要介護認定を受けていないことを確認した場合は、要介護認定の申請の代行を行わなければならない。
3 利用者が他の介護支援事業者の利用を希望する場合は、当該事業者に対し、「居宅介護支援経過」のみを交付すればよい。
4 利用者が訪問看護の利用を希望している場合は、主治の医師、歯科医師又は薬剤師の意見を求めるよう、介護支援専門員に指示しなければならない。
5 利用申込者が他の指定居宅介護支援事業者にも併せて指定居宅介護支援を依頼していることが明らかな場合は、居宅介護支援の提供を拒むことができる。

 

 

解答1・5

 

 

問題20 居宅介護支援について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定居宅介護支援事業所の管理者は、介護支援専門員でなければならない。
2 指定居宅介護支援事業者は、指定居宅介護支援の提供の開始後、速やかに重要事項を記した文書を利用者に交付しなければならない。
3 指定居宅介護支援事業者は、利用の申し込みがあった場合には、市町村に申込者の被保険者資格の確認を行わなければならない。
4 介護支援専門員は、初回訪問時又は利用者若しくはその家族から求められたときには、身分を証明する書類を提示しなければならない。
5 利用者の日常生活全般を支援する観点から、地域住民の自発的な活動によるサービスを居宅サービス計画上に位置づけるよう努めなければならない。

 

 

解答1・4・5

 


問題21 介護予防支援について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 指定介護予防支援事業者が業務の一部を委託できる者は、指定居宅介護支援事業者に限られる。
2 介護予防支援の委託を受けた事業者の介護支援専門員が、利用者の状態の評価を行い、今後の方針を決定し、当該利用者に通知する。
3 指定介護予防支援事業者は、委託先事業者が作成した介護予防サービス計画原案を確認しなければならない。
4 介護予防サービス計画に特定介護予防福祉用具販売を位置づける場合は、サービス担当者会議を開催しその利用の妥当性を検討しなければならない。
5 介護予防サービス計画に盛り込むサービスの種類は、予防の視点から保健師が選択し、決定する。

 

 

解答1・3

 

 

問題22 地域密着型サービスにおける介護支援について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 小規模多機能型居宅介護事業者の介護支援専門員は、登録された利用者の居宅サービス計画及び小規模多機能多型居宅介護計画の作成を行う。
2 認知症対応型共同生活介護事業者の計画作成担当者には、介護支援専門員でない者もいる。
3 認知症対応型共同生活介護計画の作成に当たっては、利用者の同意が義務づけられていない。
4 地域密着型介護老人福祉施設の介護支援専門員は、入所者が常時の介護が必要となった場合には、介護老人福祉施設への入所をすすめなければならない。
5 小規模多機能型居宅介護計画は、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、他の従業者と協議の上、作成される。

 

 

解答1・2・5

 


問題23 「一人暮らしのお年寄りで、最近になって物忘れが激しくなり、地域で孤立している人がいる。なんとか介護サービスを受けるところまでは同意を得たが、難しい人で、今後どのように対応したらよいか悩んでいる」と、事情を詳しく知っている民生委員A氏から相談があった。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 民生委員A氏からの情報を元に、あらかじめケアプラン原案を作ってからアセスメントをする為に訪問した。
2 民生委員A氏にアセスメント用紙に記入してもらい、ケアプラン原案を作成した。
3 本人の意向を確認する為に訪問したが、玄関を開けてくれないので、本人が信頼している民生委員A氏に同行を頼んだ。
4 玄関を開けたとたんにごみの異臭がしたので、アセスメントをしないで、とりあえず訪問介護を導入するケアプランを作成し、訪問介護員に掃除を頼んだ。
5 何度か訪問したが、支援困難と判断し、地域包括支援センターに助言を求めた。

 

 

解答3・5

 

 

問題24 Aさん(82歳)は、夫を亡くして以来、近くに住む息子の頻繁な訪問を頼りにしながら、通所介護を利用し、一人暮らしを続けていた。ところが、最近、軽い脳梗塞を起こして入院した。退院後、またいつか倒れるのではないかと不安をかんじるようになり、有料老人ホームに入居したいとの気持ちを介護支援専門員に打ち明けるようになった。しかし、息子は、入居に反対しているようである。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 利用者本位なので、Aさんの入居希望である有料老人ホームの介護支援専門員に依頼して息子を説得させた。
2 Aさんの在宅生活継続の可能性について協議するため、サービス担当者会議を開催した。
3 近くの有料老人ホームをAさんと息子とともに見学した。
4 反対する息子の前だとAさんは入居したいといわないため、入居の希望はそれほど強くないと判断し、しばらく静観することとした。
5 Aさん宅への訪問の頻度を増やし、息子にも同席を求め、三者で話し合う機会を継続的に持つこととした。

 

 

解答2・3・5

 


問題25 Aさん(85歳)は重度の認知症であり、長男家族と同居しながら、訪問介護を利用していた。高熱を出したので別居している長女が付き添って受診したところ、ひどい褥瘡があり、これまでなぜ放置していたのかと医師に注意された。このため、長女が長男に相談せず、一方的に介護療養型医療施設に入院させた。長女は、面倒を見ていなかったと長男を叱責し、介護保険証等を渡すように求めたが拒否された。長女は、今後どのように対応したらよいか、地域包括支援センターに相談した。地域包括支援センターの対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 長女の申し立てに従い、長男に対して、長女に関係書類を渡すように説得した。
2 まず、担当していた介護支援専門員から事情を聞いた。
3 今後の対応を検討するため、長男、長女及び介護療養型医療施設の計画担当介護支援専門員を交えて話し合いを持つことにした。
4 兄弟の財産争いの可能性もあるので、センターは所管外であるとして相談を断った。
5 地域包括支援センター運営協議会を開催し、方針を決定した。

 

 

解答2・3

 

 

関連ページ




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ