平成22年  福祉サービス分野①

問題46 ソーシャルワークの面接技術について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 インテーク面接は、利用者と面接者との相談目的のために設定された面接であるため、原則として1回の面接で終わらせる。
2 クローズドクエスチョンは、利用者が混乱し収拾つけ難いときなどに効果を発揮する事がある。
3 利用者の情緒面の反応を確認する事は、利用者を感情的にさせてしまうので、原則行わない。
4 利用者の誤解を正したり、情報を提供したり、対人関係や環境整備についての助言や提案を行ったりすることも、必要な技術である。
5 インテーク面接の経過については、その後に状況が変化することもあるので、すぐに記録する必要はない。

 

 

解答2・4

☆☆解説☆☆

 

問題47 相談援助におけるワーカーの姿勢について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 ワーカーは、抱えている問題でクライエントを類型化するのではなく、一人ひとりを個別の存在として理解する。
2 ワーカーは、認知症の人が自分自身で判断しないとき、代わりに決定を下すようにする。
3 ワーカーは、自らの価値観でクライエントを評価したり、非難したりしない。
4 ワーカーは、クライエントの問題を理解することの妨げになるので、クライエントが表出する感情には対応しない。
5 ワーカーは、クライエントが打ち明けた情報をクライエントの許可なく第三者に漏らしてはならない。

 

 

解答1・3・5

☆☆解説☆☆


問題48 地域援助技術(コミュニティワーク)について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 専門職だけで地域のニーズを把握し、支援計画を立案する。
2 多様な年代の人々や、文化的背景をもった人々との交流を促進する。
3 よりよい福祉サービスの制度化に向けての情報収集、広報、啓発活動は含まれない。
4 福祉サービスの利用者集団のための権利擁護活動は含まれない。
5 情報センターや総合相談窓口などを設置するなど、地域住民が福祉サービスをよりよく知り、利用できるための手段をつくりだす。

 

 

解答2・5

☆☆解説☆☆

 

問題49 ソーシャルワークの視点から、援助困難者への対応として、適切なものはどれか。2つ選べ。

1 本人が自分の状態を正しく理解するために、専門用語を駆使して情報を伝える。
2 本人と家族の関係に関する調整的援助は、本人との信頼関係を失うことにつながるため行うべきではない。
3 攻撃的な人に対しては、距離をおいて見守りながら、個別的ニーズの全体像を把握することが望ましい。
4 援助を拒否する人に対しては、その自己決定を尊重し、働きかけをしないことが望ましい。
5 本人の生命の危険が予見できる場合には、専門職は強力な介入を試みなければならない。

 

 

解答3・5

☆☆解説☆☆


問題50 介護保険における訪問介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者の部屋の窓ガラスを磨くのは、一般的に生活援助に含まれる。
2 利用者ができない部分を支援しながら一緒に行う洗濯は、生活援助に含まれる。
3 糖尿食の調理をするのは、身体介護に含まれる。
4 薬の受け取りは、生活援助に含まれる。
5 体温測定は、身体介護に含まれない。

 

 

解答3・4

☆☆解説☆☆

 

問題51 介護保険における通所介護について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 通所介護は、社会的孤独感の解消、心身の機能の維持、家族の介護負担の軽減を目的としており、入浴や食事等のサービスの提供のみを目的とするものではない。
2 居宅サービス計画に通所介護がくみこまれたことがサービス担当者会議で確認されたのち、介護支援専門員が通所介護計画を作成しなければならない。
3 通所介護計画は、その内容について利用者に説明して同意を得た上で作成し、利用者に口頭で示せばいい。
4 療養通所介護計画は、訪問看護計画書が作成されている場合には、その訪問介護計画との調整を図りつつ、作成しなければならない。
5 指定療養通所介護事業者は、安全かつ適切なサービスを提供するため、安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。

 

 

解答1・4・5

☆☆解説☆☆


問題52 介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 福祉用具貸与事業の目的の1 つに、利用者を介護する者の負担の軽減がある。
2 移動用リフトのつり具部分は、福祉用具貸与の対象となる。
3 福祉用具貸与事業者は、回収した福祉用具の保管・消毒を事業者自身で行わなければならない。
4 福祉用具貸与事業者は、福祉用具の品名、品名ごとの利用料、その他の必要事項が記載された目録を事務所内に備え付けなければならない。
5 介護予防福祉用具購入費支給限度額は、居宅介護福祉用具購入費支給限度基準額より低く設定されている。

 

 

解答1・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成22年  介護支援分野①
  • 平成22年  介護支援分野②
  • 平成22年  介護支援分野③
  • 平成22年  保健医療サービス分野①
  • 平成22年  保健医療サービス分野②
  • 平成22年  保健医療サービス分野③
  • 平成22年  福祉サービス分野①
  • 平成22年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ