平成22年 保健医療サービス分野②

問題32 誤嚥防止について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 むせるからといって口からの飲食を拒否する人には、経口摂取を中止し、経管栄養にする。
2 むせやすい人では、お茶や汁物にとろみをつけるのがよい。
3 冷たい食品は、嚥下反射を鈍らせるので避ける。
4 いきなり、食物を口に入れるのではなく、献立の説明をし、食事の前に深呼吸や口を動かす準備運動をするとよい。
5 食事を摂る姿勢はできる限り座位とし、頭部と体幹をわずかに前傾するのがよい。

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題33 次の記述のうち、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 嚥下反射が低下している高齢者では、むせなくても誤嚥している可能性がある。
2 手洗い(手指消毒)を徹底すれば、結核の感染を防ぐことができる。
3 誤嚥性肺炎は、食物の誤嚥によるものであり、感染症とはいえない。
4 インフルエンザワクチンの接種は、流行の予防のために、特に施設入所者には推奨されている。
5 黄色ブドウ球菌や緑膿菌などの常在菌でも、抵抗力が低下した人では発病する可能性がある。

 

 

解答1・4・5

☆☆解説☆☆


問題34 医療機器について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 パルスオキシメーターは、静脈血中の酸素分圧を測定する。
2 ホルター心電図(24 時間心電図)を装着した場合は、安静を保つ。
3 耳式体温計は、鼓膜付近から出る赤外線を検出することで体温を測定するものである。
4 安眠のため、睡眠中は人工呼吸器のアラームの音量を最小にして聞こえないようにする。
5 気管切開をしている場合でも、スピーチカニューレの使用により発声は可能である。

 

 

解答3・5

☆☆解説☆☆

 

問題35 がんについて適切なものはどれか。3つ選べ。

1 男女とも、我が国の死亡原因の第1 位を占めている。
2 喫煙により、肺がんだけでなく、胃がんのリスクも上昇する。
3 抗がん剤の投与は、必ず入院して行う。
4 疼痛管理のための麻薬の使用に際しては、嘔吐や便秘の副反応を防ぐため、禁食とする。
5 がんの末期のみならず、状況に応じて、より早期から緩和ケアを行うことが大切である。

 

 

解答1・2・5

☆☆解説☆☆


問題36 次の疾病と感染症又は病原体との組合せについて、より適切なものはどれか。

1 帯状疱疹——–水痘ウイルス
2 子宮頚がん——ヒトパピローマウイルス
3 萎縮性胃炎——ヘリコバクター・ピロリ菌
4 肺がん———-ノロウイルス
5 肝細胞がん——A型肝炎ウイルス

 

 

解答1・2・3

☆☆解説☆☆

 

問題37 高齢者の栄養管理について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 鉄欠乏性貧血がある場合には、鉄を多く含む食品と同時に、良質な蛋白質を含む食品も十分に摂取する。
2 腎不全では、腎機能の低下にかかわらず、蛋白質の十分な摂取とエネルギーの補給をする。
3 経管栄養を行っている高齢者の便の形状や量が変化した場合には、その状態により経管栄養剤の投与速度や内容の変更を検討する。
4 エネルギー欠乏症とは、BMI(体格指数)18.5以下の人又は通常時に体重に比べて減少率が6ヵ月に5%以上の場合をいう。
5 栄養障害に伴う皮膚・粘膜の症状は、ビタミンD欠乏が原因である。

 

 

解答1・3・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成22年  介護支援分野①
  • 平成22年  介護支援分野②
  • 平成22年  介護支援分野③
  • 平成22年  保健医療サービス分野①
  • 平成22年  保健医療サービス分野②
  • 平成22年  保健医療サービス分野③
  • 平成22年  福祉サービス分野①
  • 平成22年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ