平成22年 介護支援分野③

問題17 指定居宅介護支援事業所の運営について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 その事業所の現員からは利用申込に応じきれない場合であっても、指定居宅介護支援の利用申込を拒むことはできない。
2 指定居宅介護支援事務所の利用人数によっては、非常勤の介護支援専門員を置くことができる。
3 介護支援専門員の健康状態について、必要な管理を行わなければならない。
4 まだ要介護認定を受けていない認知症の高齢者からの指定居宅介護支援の利用申し込みは拒むことができる。
5 利用者が偽りその他不正の行為によって保険給付の支給を受けたときは、都道府県に通知しなければならない。

 

 

解答2・3

☆☆解説☆☆

 

問題18 指定居宅介護支援事業者について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定居宅介護支援の提供の開始に当たっては、あらかじめ、重要事項を記した文書を交付して説明を行った上で、利用申込者の同意を得なければならない。
2 介護支援専門員に身分を証する書類を携帯させ、初回訪問時には提示するよう指導しなければならない。
3 利用者が他の事業所の利用を希望する場合には、直近の居宅サービス計画とその実施状況に関する書類を当該他の事業所に交付しなければならない。
4 利用者の居宅が当該事業所の通常の業務の実施区域内であっても、頻繁に訪問して指定居宅介護支援を行った場合には、交通費を受け取ることができる。
5 指定居宅サービス等に対する苦情について、迅速かつ適切に対応しなければならない。

 

 

解答1・2・5

☆☆解説☆☆


問題19 介護予防サービス計画について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 目標志向型で策定しなければならない。
2 主治医にも交付しなければならない。
3 目標の達成状況についての評価をしなければならない。
4 生活機能の向上のため、保健医療サービスに重点化しなければならない。
5 介護予防訪問看護を位置付けるときは、主治医の指示がなければならない。

 

 

解答1・3・5

☆☆解説☆☆

 

問題20 地域支援事業の介護予防ケアマネジメントについて正しいものはどれか。3つ選べ。

1 アセスメント領域には、運動及び移動が含まれる。
2 個別の介護予防ケアプランに対する評価は、市町村が設置する地域包括支援センター運営協議会で行う。
3 その業務は、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員等が相互に協働しながら実施する。
4 アセスメントは、介護給付と同様の課題分析標準項目を用いることになっている。
5 包括的支援事業の委託を受けた医療法人も行うことができる。

 

 

解答1・3・5

☆☆解説☆☆


問題21 介護老人福祉施設の計画担当介護支援専門員の業務として、適切なものはどれか。3つ選べ。

1 施設職員を管理する。
2 週間サービス計画表又は日課計画表のいずれかを作成する。
3 施設サービス計画書及び個別計画書のいずれも作成する。
4 苦情の内容を記録する。
5 介護事故の状況や対応について記録する。

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題22 施設サービス計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 施設サービス計画は、入所者が認知症の場合には、本人ではなく家族に交付する。
2 総合的な援助の方針は、利用者と介護支援専門員の両者で相談して記載する。
3 長期及び短期目標は、実際に解決可能と見込まれるものを設定する。
4 サービス内容に掲げたサービスを実施する期間を設定するときは、認定の有効期間も考慮する。
5 サービス内容の記載に当たっては、施設内の介護保険給付対象サービスに絞って記載する。

 

 

解答3・4

☆☆解説☆☆


問題23 施設サービス計画の課題分析について、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 入所者の能力や環境を評価する。
2 3ヵ月に1 回行うこととされている。
3 課題分析標準項目に準拠した、施設独自のアセスメント表を使用できる。
4 施設サービス計画の作成依頼を受けてから行う。
5 課題分析標準項目ごとに各専門職が分担して行う。

 

 

解答1・3

☆☆解説☆☆

 

問題24 居宅介護支援事業所に、病院の医療ソーシャルワーカーから「近日中に退院する高齢者がいる。本人に頼まれたのでお願いしたい」と居宅介護支援の依頼が入った。高齢者は要介護2であり、本人は在宅での生活を希望しているが、家族は自宅への受け入れに消極的である。事業所の対応として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 自宅療養が可能であることを、病院から家族に説明してもらうよう依頼した。
2 自宅での療養上の注意事項について聞くため、医師に面談を申し入れた。
3 本人と家族の意向が異なるので依頼は受け付けられないと回答した。
4 家族と面談し、直ちに老人ホームへの入所申請を行うよう強く勧めた。
5 本人および家族と充分話し合い、当面、ショートステイの計画的な利用を提案した。

 

 

解答1・2・5

☆☆解説☆☆


問題25 要介護2の利用者Aさんは、居宅介護支援事業者のB 介護支援専門員に毎日のように電話してくる。いったん電話をとると2時間は話を止めてくれないが、さほどの用ではない。対応に困っている居宅介護支援事業所の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 「業務妨害に当たるので警察に通報します。」とAさんに伝えた。
2 「当事業所では対応できないので契約を解除します。」とAさんに伝えた。
3 Aさんがなぜそのような行動をするのかをアセスメントした。
4 地域包括支援センターに現状を説明し、助言を依頼した。
5 直ちにAさんの居宅介護支援を保険者が運営している居宅介護支援事業所に移管した。

 

 

解答3・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成22年  介護支援分野①
  • 平成22年  介護支援分野②
  • 平成22年  介護支援分野③
  • 平成22年  保健医療サービス分野①
  • 平成22年  保健医療サービス分野②
  • 平成22年  保健医療サービス分野③
  • 平成22年  福祉サービス分野①
  • 平成22年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ