解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題48


解説 第14回ケアマネ試験 問題48

01-green2

ワーカー、クライエント、ケース、グループ、コミュニティー、コミュニケーション、メッセージ、クエスチョン、エトセトラ、エトセトラ。

カタカナが並ぶだけで、なんか苦手意識が・・・。こんな受験生さんもきっと大勢おられることと思います。でも、試験で問われる内容は、皆さまがふだんの御仕事でなさっておられることばかりです。

皆さまの実力なら、ソーシャルワーク4問は、かるーーーーーく全問正解が容易なはずです!!!

ワーカーは面接者とか相談援助者と、クライエントは利用者さんなどと読み替えるみると、ケアレスミスも防げておすすめです。

さて、相談に関する学習のポイントの1つに、相談面接における8つの実践原則があげられます。

15回受験ご予定のかたは、それぞれの原則がどのようなことを意味するのか、ぜひおさえておいてくださいね。
①個別化の原則
②受容と共感の原則
③意図的な感情表出の原則
④統制された情緒関与の原則
⑤非審判的態度の原則
⑥自己決定の原則
⑦秘密保持の原則
⑧専門的援助関係の原則


1× 【5訂 第3巻321-322P】

ソーシャルケースワークの適用場面は実に多岐にわたります。

一般に福祉関連の相談機関といわれる児童相談所や精神保健福祉相談センター、その他の相談機関以外にも、さまざまなところで活用されています。学童保育、障害者職業センターなどが、その好例といえるでしょう。

 

2○ 【5訂 第3巻319P】

設問のとおりです。

 

3× 【5訂 第3巻320P】

生活支援は生活を総合的・全体的にとらえる必要があることから、それを主として取り扱うソーシャルワーカーは、各種の援助の組織者として、つまりはコーディネーターとして機能することになるのですね。

 

4○ 【5訂 第3巻319P】

設問のとおりです。

 

5○ 【5訂 第3巻319P】

設問のとおりです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ