解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題55


解説 第14回ケアマネ試験 問題55

01-green2

まずは、介護予防訪問介護の『基本方針』をご覧ください。

『介護予防訪問介護事業者は、その利用者が可能な限りその居宅において、要支援状態の維持若しくは改善を図り、又は要介護状態となることを予防し、自立した日常生活を営むことができるよう、入浴、排泄、食事の介護その他の生活全般にわたる支援を行うことにより、利用者の心身機能の維持回復を図り、もって利用者の生活機能の維持又は向上を目指すものでなければならない。』

要支援1、2のかたが利用なさるのが、介護予防訪問介護。

要介護1から5のかたが利用なさるのが、訪問介護。

両者の相違点等は、試験に出題されやすい部分でもありますので、ぜひ、しっかり区別を。

 

1× 【5訂 第2巻41P】

基本方針の中にあるように、利用するのは居宅(自宅)で暮らす利用者さんです。当然に地域の一員でもあり時に地域に支えられる立場でもあるでしょう。地域における社会資源の活用もプランに盛り込みたいところですね。


2○ 【5訂 第2巻41P】

設問のとおりです。

たとえ自力では困難な行為があっても、直ちにサービス導入と決め付けるのではなく、同居家族や地域の支援を積極的に検討することも必要です。

 

3× 【5訂 第2巻40P】

皆さまも御存知のとおり、高齢者をふくむ家族構成は、実にさまざまです。

たとえ同居の御家族がおられても、より介護が必要な状態でサービスを利用中であったり高齢や疾病・障害のため介護が困難であることもあります。配偶者以外の家族であれば家計を支えるため働きに出ていることも考えられます。

サービスは利用者の自立支援が目的ですが、個々のケースの状況に応じての対応となります。

 

4○ 【5訂 第2巻41P】

設問のとおりです。

 

5○ 【5訂 第2巻41P】

設問のとおりです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ