解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題59


解説 第14回ケアマネ試験 問題59

01-green2

福祉分野出題範囲において、公的サービスおよびその他の社会資源導入論があげられます。

高齢者虐待防止法も、高齢者等の権利擁護に関するものとして過去の本試験でも22年では問題60、21年度では問題60、20年度では問題59、18年度では問題57に登場しています。

まずは、この法律の目的を御確認いただきましょう。

『高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律』
第一条 目的
この法律は、高齢者に対する虐待が深刻な状況にあり、高齢者の尊厳の保持にとって高齢者に対する虐待を防止することが極めて重要であることにかんがみ、高齢者虐待の防止等に関する国等の責務、高齢者虐待(受けた高齢者に対する保護のための措置、養護者の負担の軽減を図ること等の養護者による高齢者虐待の防止に資する支援等を定めることにより、高齢者虐待の防止、養護者に対する支援等に関する施策を促進し、もって高齢者の権利利益の擁護に資することを目的とする。

この条文を読んだだけでも、高齢者虐待防止法が単に虐待を行う者を取り締まるための法律ではないことを御理解いただけると思います。

 

1○ 【5訂 第3巻377-378P】

設問のとおりです。

オンライン模試にも、このままそっくり同じものが登場しましたね!


2× 【5訂 第3巻377-378P】

では、いったいどこに通報すればよいのでしょうか?? 正しくは、【市町村】になります。

この法律では、高齢者の虐待防止、虐待を受けた高齢者の保護および養護者に対する支援について【市町村】を第一義的に責任を(有する主体として位置づけているのですね。

 

3○ 【5訂 第4巻990P】

設問のとおりです。

 

4× 【5訂 第3巻377P】

居宅において養護者等から虐待を受ければ、御高齢のかたは逃げるところがありません・・・。

市町村の対応として、生命又は身体に重大な危険が生じているおそれがあると認められる高齢者を一時的に保護するため迅速に施設に入所させるなど、適切な老人福祉法による保護措置がとられます。この措置をとるための居室確保の措置もまた、市町村が行います。

 

5○ 【5訂 第3巻378P】

設問のとおりです。

地域包括支援センターにおける必須事業の1つにも権利擁護事業が位置づけられています。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ