平成23年  福祉サービス分野①

問題46 集団援助技術(ソーシャルグループワーク)について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 グループでの体験は,社会的行動の学習の場となる。
2 固定したメンバーで活動を行うことが垂要なので,メンバーがグループから離れることをグループワーカーは認めるべきではない。
3 活動に参加するメンバーが,グループワーカーに代わってリーダーシップを取ることは,望ましいことではない。
4 グループ内で類似の問題を持つ他のメンバーの発言を聞くことは、問題を抱えている人が自分の問題との共通性に気づく機会となる。
5 場面ごとに異なる役割を担うことで,自らを見つめ直したり、新たな自信を得たりする機会となる。

 

 

解答1・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題47 ソーシャルワークに関する次の記述のうち,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 高齢者本人が希望したサービス利用を同居家族が取り消す場合には,家族の意向を優先し,サービスを中止する。
2 外国人が日本の福祉サービスを利用することはほぼないので,外曰入に対する支援団体にサービスの情報を提供する必要はない。
3 高齢者は,自分の育て方が悪かったとか,家の恥だと考える場合には、子供による自分への虐待を話さないことが多い。
4 高齢者本人が自覚していないニーズを発見するには,ボランティアによる話し相手としての訪問や会食への誘いなどが有効な場合も多い。
5 アルコール依存症のように明らかとなっている病気に対応するだけでなく、生活との関連から,隠れた原因を明らかにする必要がある。

 

 

解答3・4・5

☆☆解説☆☆


問題48 ソーシャルケースワークに関する次の記述のうち,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 福祉関連の相談機関でのみ用いられる援助の技法である。
2 ソーシャルワーカーは,クライエントが自己決定能力を最大限に発揮できるように支援をする。
3 ソーシャルワーカーは,クライエントとの面接が中心となるので,多様な社会資源のコーディネーターとしての機能は果たさない。
4 ソーシャルワーカーは,共感的理解を深めるとともに,客観的に状況を理解するために,クライエントと一定の距離感を保たなければならない。
5 ソーシャルワーカーとの面接を通して,クライエントは自分の問題に関する理解を深めていく。

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題49 ソーシャルワークの視点から,援助困難な事例への対応について,より適切なものはどれか。3つ選ベ。

1 援助困難な人は、複雑な問題を抱えていることが多いので、専門職だけで支援することが重要である。
2 援助者の知識・技術の不足が,対応を困難にすることがある。
3 援助を拒否する人には,その人の自己決定権を尊重しつつも,専門職は働きかけの努力を行う。
4 心理的な問題を抱えているクライエントに対しては,サービスの利用を勧めるべきではない。
5 家族間の意見の食い違いで援助が困難になっている場合には,専門職による家族関係の調整的援助が重要である。

 

 

解答2・3・5

☆☆解説☆☆


問題50 介護保険における訪問介護について適切なものはどれか,3つ選べ。

1 軽微であってもやけどの処置は医療行為となるため,訪問介護員が行ってはならない。
2 訪問介護員は利用者の生活実態や要望等多くの情報を持っているので、その情報を介護支援サービスに活用することが期待される。
3 衣類の整理や被服の補修は,生活援助に含まれる。
4 一人暮らしの利用者に対して正月のために特別な手間をかけて行う調理は生活援助に含まれる。
5 利用者が訪問介護員に業務範囲を超えるかもしれない要求をした場合には、介護支援専門員と相談して対応する。

 

 

解答2・3・5

☆☆解説☆☆

 

問題51 療養通所介護について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者に対する指定療養通所介護の提供の適否は、主治医を含めたサービス担当者会議において検討することが重要である。
2 指定療養通所介護事業所の利用定員は,原則として,15名以下である。
3 療養通所介護計画は,既に作成された居宅サービス計画の内容にかかわらず,事業所の判断で作成してよい。
4 指定療養通所介護事業者は,緊急時の対応策をあらかじめ定めておく必要があるが,緊急時対応医療機関を定めておく必要はない。
5 指定療養通所介護事業者は,安全・サービス提供管理委員会を開催し、安全かつ適切なサービス提供の方策について検討結果を記録しなければならない。

 

 

解答1・5

☆☆解説☆☆


問題52 介護保険における福祉用具について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 福祉用具の使用目的は,利用者の自立支援と介護者の負担軽減である。
2 排泄用具は,福祉用具貸与の対象である。
3 工事を伴うスロープは,福祉用具貸与の対象である。
4 床ずれ防止用具は,福祉用具貸与の対象である。
5 利用者が特定施設入居者生活介護を受けている問でも,福祉用具貸与費は算定できる。

 

 

解答1・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成23年  介護支援分野①
  • 平成23年  介護支援分野②
  • 平成23年  介護支援分野③
  • 平成23年  保健医療サービス分野①
  • 平成23年  保健医療サービス分野②
  • 平成23年  保健医療サービス分野③
  • 平成23年  福祉サービス分野①
  • 平成23年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ