解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題30


解説 第14回ケアマネ試験 問題30

01-green2

ケアマネージャー試験は,決して何が出るのかさっぱりわからない試験ではありません。

高齢者の身体的・精神的な特徴と高齢者に多い疾病としょうがいも出題範囲としてあげられています。学習すべきことがわかれば、受験勉強の8割は終わったも同然!です。
◆高齢者の身体的・精神的・心理的特徴
◆高齢者に起こりやすい疾病および障害の特徴
◆高齢者に多く見られる各種の疾患
※循環器:心筋梗塞、狭心症、高血圧症、心不全、不整脈、閉塞性動脈硬化症
※神経内科:脳血管障害、パーキンソン病、てんかん、硬膜下血腫、高次脳機能障害、筋萎縮性側索硬化症、シャイ・ドレーガー症候群、ピック病、クロイツフェルトヤコブ病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症、ハンチントン舞踏病、ギラン・バレー症候群、本態性振戦
※呼吸器:慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、肺結核
※消化器:胃潰瘍、ウイルス性肝炎、肝硬変
※腎・内分泌・代謝:腎不全、糖尿病、脂質異常症、早老症
※悪性腫瘍:
※筋・骨格系:関節リウマチ、骨粗鬆症、大腿骨頸部骨折、変形性股関節症、変形性膝関節症、後縦靭帯骨化症、脊髄損傷
※産婦人科:子宮脱、更年期障害、その他
※泌尿器科:前立腺肥大症、前立腺がん、尿路結石、尿閉、尿失禁、膀胱留置カテーテル
※皮膚科:疥癬、白癬、カンジダ症、皮脂欠乏症、皮膚掻痒症、湿疹

★疾病の特徴(疫学、病因など)、基本症状、治療法、経過、生活指導、ケアプラン作成時の注意事項などに着目した学習が効果的とおもわれます。


1× 【5訂 第3巻43P】

疥癬はヒゼンダニが皮膚表面の角層に寄生して起こる病気で、普通の疥癬とダニが非常に多く手足がごわごわとする、ノルウエー疥癬とに分類されます。いずれもヒゼンダニが原因となります。

 

2○ 【5訂 第3巻43-44P】

設問のとおりです。

 

3○ 【5訂 第3巻43-44P】

設問のとおりです。

 

4× 【5訂 第3巻43-44P】

元気で働き盛りの我々であっても、【薬疹】を避けて通ることができない場合だってあります。

 

【薬疹】とは体内に投与された薬剤へのアレルギーによる発疹で、異物に対する生体からの危険信号と表現すればわかりやすいと思います。どんな薬剤でも薬疹の可能性があるとされます。通常、薬剤服用後、1週間から2週間後に起こる全身性の発疹とされています。

 

5○ 【5訂 第3巻45P】

設問のとおりです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ