解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題35


解説 第14回ケアマネ試験 問題35

01-green2

合格オンライン模試でも1回、2回、3回と全回を通じてお出ししてきた、【栄養】。医療分野の学習において、もはや主要単元の1つに位置しているといえるでしょう。

生きることの源ともなるものですから、やはりしっかりと理解しておきたいところですね。

過去の本試験においても、22年では問題37、21年では問題30、20年では問題39、19年では問題28、18年では問題33と、連続出場を果たしています。15回でもほぼ100パーセントの確率で登場と予想いたします。受験予定の方は過去問題を活用して出題パターンを探ってみてくださいね。全体をひととおり学習したら、出題確率の高い単元から精度を上げていく。これ、合格への近道です。

 

1× 【5訂 第3巻201-202P】

望ましい栄養・食生活をめざして提示されているのが、食生活指針・バランスガイドですね。

2000年には、健康日本21と連動させて、新たな食生活指針が疾病や介護の一次予防を目的に策定されています。

ちなみに、健康診断などによる疾病の早期発見・早期治療が一次予防、個人の生活習慣の改善による健康増進を通じた疾病予防は一次予防とされます。


2○ 【5訂 第3巻198P】

設問のとおりです。

 

3× 【5訂 第3巻196P】

解説は不要ですね。全・受験生さんと一緒に、せーの!!で 【×】にしたい設問でした。

 

4○ 【5訂 第3巻211-212P】

設問のとおりです。

 

5○ 【5訂 第3巻7-8P】

設問のとおりです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ