平成23年 保健医療サービス分野②

問題32 次の記述のうち適切なものはどれか。2つ選べ。

1 認知症の原因は,脳血管障害と脳変性疾患に分類される
2 意識障害を把握する3-3-9度方式(Japan Coma Scale)において,刺激しても覚醒しない状態は1,2,3の1桁の点数で示される。
3 頭部外傷後1~2か月後に認められる認知障害の場合には,慢性硬膜下血腫の可能性がある。
4 長谷川式認知症スケール(HDS-R)は,認知症の簡易検査法であり,21点以上であれば認知症が疑われる。
5 L-ドパ製剤は,パーキシソン病治療に有効であるが,長期間使用すると,不随意運動や,幻覚・妄想等の精神症状を生じることがある。

 

 

解答3・5

☆☆解説☆☆

 

問題33 高齢者の精神障害について適切なものはどれか。2つ選べ。

1 アルツハイマー病では,人格が比較的保たれることが特徴である。
2 せん妄は,意識混濁に加えて,錯覚や幻覚などの状態をいうが,妄想を伴うことはない。
3 せん妄は,脳の器質疾患の際に発症することが多い。
4 老年期気分障害では,うつ気分に加えて,注意力の低下や緩慢な動作などの症状を示しやすい。
5 せん妄がみられる高齢者に対しては,薬物治療はほとんど効果がない。

 

 

解答3・4

☆☆解説☆☆


問題34 次の組み合わせのうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1 脊髄小脳変性症———–失語症
2 シャイ・ドレーガー症候群—-排尿障害
3 帯状庖疹—————–全身性水庖
4 急性硬膜下血腫 ———-頭痛・嘔吐
5 嚥下反射の低下———–誤嚥

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題35 高齢者の栄養管理について適切なものはどれか。3つ選ベ。

1 高齢者の食生活指針は,疾病や介護の二次予防を目的に作成されている。
2 糖尿病の場合は,摂取エネルギーを制限して,食物繊維の多い良品を摂取する。
3 高齢者に低栄養状態をもたらす主な原因は、カルシウムとミネラルの摂取不足である。
4 経管栄養では,腹部膨満感や下痢などの症状をきたしやすいため,注入速度に注意する。
5 低栄養では,浮腫や貧血が生じやすく,免疫機能が低下するため,感染症も起こりやすくなる。

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆


問題36 通所リハビリテーションについて正しいものはどれか。2つ選べ。

1 通所リハビリテーション事業者は,病院,診療所,介護老人保健施設に限られる。
2 認知症の症状の軽減を図ることが難しいため,認知症高齢者は,通所リハビリテーションの適用にはならない。
3 理学療法士,作業療法士等は,利用者の身体機能,認知・言語機能を評価してリハビリテーションを行うが,口腔機能,栄養状態のアセスメントは行わない。
4 通所リハビリテーションにおける個別リハビリテーション実施加算は,所要時間1時間以上2時間未満の場合には算定しない。
5 低栄養状態により体力が低下している高齢者は,通所リハビリテーションの対象とはならない。

 

 

解答1・4

☆☆解説☆☆

 

問題37 次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にとって,禁煙は最も重要な治療的介入である。
2 筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、眼球運動、膀胱直腸機能及び認知機能は、長期にわたって保たれることが特徴のひとつである。
3 閉塞性動脈硬化症では,四肢末端部に壊死がみられることがある。
4 関節リウマチでは、症状の日内変動がないことが特徴のひとつである。
5 ウェルナー症候群をはじめとする早老症では,老化変性による身体所見に加えて,知能低下が特徴である。

 

 

解答1・2・3

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成23年  介護支援分野①
  • 平成23年  介護支援分野②
  • 平成23年  介護支援分野③
  • 平成23年  保健医療サービス分野①
  • 平成23年  保健医療サービス分野②
  • 平成23年  保健医療サービス分野③
  • 平成23年  福祉サービス分野①
  • 平成23年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ