平成23年 保健医療サービス分野③

問題38 若年性認知症について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 平成21年の厚生労働省の「若年性認知症の実態調査」によれば,我が国における65歳未満で発症した、いわゆる若年性認知症の者の数は,約1万人と推計される。
2 若年性認知症利用者受入加算を算定するためには,若年性認知症利用者ごとに個別に担当者を定め,利用者の特性などに応じたサービスを提供しなけばならない。
3 若年性認知症の者は,精神障害者保健福祉手帳の取得や障害基礎年全等の受給はできない。
4 若年性認知症の者を介護する家族には,抑うつ的な精神状況や減収による経済的困難が生じている現状が指摘されている。
5 地域包括支援センターに配置された認知症連携担当者は,若年性認知症の者の個々の状態や本人・家族等の 要望を踏まえ、適切な支援施策の活用を援助する。

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題39 次の記述のうち適切なものはどれか,3つ選べ。

1 指定訪問看護ステーションにあっては,理学療法士,作業療法士又は言語聴覚士も訪問看護サービスに携わることができる。
2 指定訪問看護事業者は、看護師等に、その同居家族である利用者に対して指定訪問看護を提供させることができる。
3 利用者やその家族等の同意を得て,利用者の身体的理由により同時に2人の看護師によって訪問看護を提供した場合には,「複数名訪問看護加算」が算定できる。
4 認知症対応型グループホームの利用者は。医療保険による訪問看護を利用することはできない。
5 訪問看護を利用している者の病状が急激に悪化し,主治医特別指示書を交付した場合には,2週間に限り,毎日、訪問看護を利用することができる。

 

 

解答1・3・5

☆☆解説☆☆


問題40 高齢者の薬剤管理について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 居宅療養管理指導における薬剤管理指導は,医師の処方による薬剤だけでなく,市販の医薬品,漢方薬,健康食品や一般食品が影響し合う可能性を確認する。
2 利用者の居宅を訪問して薬剤師が行う居宅療養管理指導は,薬局の薬剤師に限定されており,医療機関の薬剤師は行うことができない。
3 服用した薬剤は,主に尿から排泄されるため,尿量の確認が大切である。
4 製剤学的な工夫がなされている錠剤には,つぶして内服してはいけないものがあるので,飲みやすい剤形への変更については,医師や薬剤師に確認する。
5 医師が処方した医薬品は,すべて後発医薬品(ジェネリック)に切り替えることができる。

 

 

解答1・3・4

☆☆解説☆☆

 

問題41 次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1 胃ろうで経管栄養を行っている場合に使用されるすべての経管栄養剤は,医師の処方に基づき医療保険から提供される。
2 麻薬によるがんの疼痛管理をしている場合には,腸の蠕動運動が抑制されるため,便秘になりやすい。
3 慢性閉塞性肺疾患(COPD)により呼吸機能が低下している場合であっても、インフルエンザワクチンの接種は推奨される。
4 胃潰瘍などによる上部消化管出血では,血液が胃液と混じるため、鮮血便になることが多いことが多い。
5 高齢者においては,夜間の睡眠時間は短縮し,中途覚醒や早朝覚醒が多くなる。

 

 

解答2・3・5

☆☆解説☆☆


問題42 感染症について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 爪白癬では,抗真菌薬の内服投与が治療の基本となる。
2 若年時に肺結核に罹患している場合には,免疫があるため,高齢になって再発することはない。
3 ノロウイルス感染症では,下痢症状がなくなれば,便からは感染しない。
4 肺炎球菌のワクチンは,インフルエンザワクチンと同月に接種が可能である。
5 介護サービス事業者は,利用者がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)保菌者であることを理由に,サービスの提供を拒否してはいけない。

 

 

解答1・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題43 次の記述のうち正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定介護療養型医療施設は,患者の入院に際して,居宅介護支援事業者に対する照会等により,患者の心身の状況,病歴,居宅サービス等の状況の把握に努めなければならない。
2 指定療養通所介護事業所の管理者は,看護師でなければならない。
3 通所リハビリテーション事業者は,安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。
4 薬局の薬剤師による居宅療養管理指導には,必ずしも医師又は歯科医師の指示は必要ない。
5 介護予防訪問看護事業者は,利用者に対するサービスの提供が困難な場合は,主治医及び介護予防支援事業者に連絡し,他の介護予防訪問看護事業者を紹介するなどの措置を講じなければならない。

 

 

解答1・2・5

☆☆解説☆☆


問題44 認知症に関する記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1 BPSD(認知症の行動・心理症状)には、せん妄、睡眠障害、抑うつなどが含まれる。
2 レビー小体型認知症では,具体的で詳細な内容の幻視がみられることが特徴である。
3 老人性認知症疾患療養病棟は,指定介護療養型医療施設のなかで,精神科病院に設置された認知症患者の診断・治療,リハビリテーション等を行う病棟である。
4 認知症疾患医療センターは,専ら認知症患者の高度な治療を行うことを目的としている。
5 認知症患者の精神科病院への措置入院は,精神保健指定医ではない主治の医師による診断のみでも,緊急時においては可能である。

 

 

解答1・2・3

☆☆解説☆☆

 

問題45 次の記述について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 在宅における家族に対する看取りの支援は,医師,看護師,介護支援専門員などが行う。
2 在宅では,臨終時に家族のみで対応することもあり得るため,家族に対する看取りの準備教育として,身体の変化,緊急時の連絡方法,死亡確認の方法,死亡時刻の記録などが必要になる。
3 家族に在宅で看取る意向があるならば,後方支援の病院において家族が看取ることも可能である」という説明は行うべきではない。
4 診療している疾患が死因の場合であって.死亡前24時間以内に医師の診察を受けていれば,医師が臨終に立ち会っていなくても,死亡診断書を交付することができる。
5 死亡診断書に記載される死亡時刻は,生物学的な死亡時刻ではなく、医師が到着後に死を確認した時刻でなければならない。

 

 

解答1・2・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成23年  介護支援分野①
  • 平成23年  介護支援分野②
  • 平成23年  介護支援分野③
  • 平成23年  保健医療サービス分野①
  • 平成23年  保健医療サービス分野②
  • 平成23年  保健医療サービス分野③
  • 平成23年  福祉サービス分野①
  • 平成23年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ