解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題10


解説 第14回ケアマネ試験 問題10

01-green2

ケアマネ試験の仕組みを知っている受験生は、容易に解答できたと思われます。

理由といたしましては、介護保険事業計画は2つあります。毎年必ず、市町村介護保険事業計画か都道府県介護保険事業支援計画の問題は1問出されています。ということは、山をはった受験準備していれば、予定どおり問題が出て正答する可能性が非常に高いといえます。

 

1× 【5訂 第1巻142P】

メルマガや模擬試験、DVDで何度もなんども説明しておりました内容ですね。まず、考え方として、事業者の指定を行うのは誰なのかを整理しておけば、当然、指定するところが計画にも関与することが理解できると思います。

そうすると、認知症対応型共同生活介護の指定権限者は市町村になるので、市町村介護保険事業計画に盛り込むと推測もできると思います。

関連性をもって介護保険は学習されたほうが、【いもずる式】に知識がついてまいります。

 

2○ 【5訂 第1巻142P】

地域密着型介護老人福祉施設の歴史的な背景をまず、理解する必要があります。

もともとは、定員29名以下のミニ特養も介護老人福祉施設に位置付けられていました

(2005の法改正前)

特養から切り離され、地域密着型介護老人福祉施設が誕生した経緯があり、この場合は、指定権限者と計画作成者は同一ではありません。

やや例外的な側面があることを理解する必要があります。


3○ 【5訂 第1巻140P】

設問1の考え方を当てはめるとよいでしょう。

指定権限者=計画作成者という考え方

 

4× 【5訂 第1巻142P】

地域支援事業の実施主体は市町村であるということを理解していれば×と選択できたでしょう。

 

5○ 【5訂 第1巻142P】

施設という言葉に反応して、都道府県と連想できれば○を選択できたでしょう。

また、違う考え方として消去法で選択肢14が×ときめられた方は、選択肢5を○と選択できたのではないでしょうか。

 

選択肢2がイレギュラーな部分ですがあとは、介護保険事業計画について準備できていた受験生は得点できていると思われます。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ