解説 第14回介護支援専門員実務研修受講試験 問題25


解説 第14回ケアマネ試験 問題25

01-green2

読み間違い、勘違い、思い違いがなければ解答可能でしょう。

 

1○ 【5訂 第1巻186-190P】

不安に思っていることを伺い、在宅でおこなえる支援を説明することにより多少なりとも不安軽減される場合もある可能性があるので○と判断します。

 

2× 【5訂 第1巻186-190P】

医師の話とあまりにも食い違い、家族の不安をあおる最悪の対応でしょう。医療的な領域の説明は、医師の独占業務になります。

 

3○ 【5訂 第1巻186-190P】

適切と判断します。


4○ 【5訂 第1巻186-190P】

適切と判断します。

 

5× 【5訂 第1巻186-190P】

意思決定は、ご本人及び家族側にあります。主体者は医師ではありません。

 

今年の支援分野の問題を、1問あたり2分以内で解き、全ての選択肢を○か×か根拠をもって全問解答できた受験生は皆無といってよいでしょう。カンで解答することは可能でしょう。

現役のベテランケアマネでも根拠を持って全ての選択肢に○×をつけられる方も皆無でしょう。問題作成者側の事情は、上位約20%の方だけを選抜するために、あえて誰も答えられない内容のものを選択肢に入れているようです。

コンピュータ等で、正当率が低くなるよう、未出題の部分や曖昧な部分を検討して、問題にまぜ込み仕立て上げていると推測できますので、割り切って学習する必要がありそうです。

まず資格を手にするための勉強が必要でしょう。ということは、得点が取れる部分の学習を重点的におこないましょう。満点を取らなくても合格できます。試験に出そうなところを学習しましょう。合格オンラインでは過去の試験データも蓄積しており、得点をどこでするべきなのかもほぼわかっております。

学習方法やどこがどうして出題されるのかを、早く理解するにはDVDがおすすめです。




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ