平成24年 保健医療サービス分野 問題26~30

第15回介護支援専門員実務研修受講試験 ケアマネ試験 平成24年 過去問題

[問題26]
貧血を呈しやすい疾患として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 脂質異常症
2 悪性腫瘍
3 関節リウマチ
4 糖尿病性腎症
5 ビタミンB1欠乏症

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題27]
疾患と症状の組み合わせとして、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 緑内障―――――眼圧低下
2 肺気腫―――――喘鳴(ぜんめい)
3 メニエール病――構音障害
4 慢性心不全―――起坐呼吸
5 尿路感染症―――頻尿

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題28]
BPSD(認知症の行動・心理症状)について、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 BPSDは、認知症が進行し、終末期に向かうほど顕著になる。
2 BPSD出現の背景には、便秘や睡眠障害がある場合もある。
3 BPSDへの対応には、認知症の人に対するもののほか、介護者(家族)への支援も含まれる。
4 BPSDへの対応は、薬物療法を優先して行うべきである。
5 家庭や福祉施設では対応が困難なBPSDの場合には、老人性認知症疾患療養病棟などへの入院も検討する。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題29]
高齢者が服用することが多い薬剤と副作用の組み合わせとして、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 鉄剤―――消化器症状
2 降圧薬―――起立性低血圧
3 利尿薬―――唾液分泌過剰
4 抗不安薬―――便秘
5 非ステロイド性消炎鎮痛薬―――低血糖

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題30]
感染症について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護サービス利用者が肺結核で排菌していることが判明した場合、その感染リスクに応じて、介護者など接触者に対する健診が実施される。
2 高齢者の下痢では、緩下剤(かんげざい)による可能性もあるので、服薬状況などを確認する。
3 ノロウイルス感染者の便の処理の際は、マスクや手袋の装着の必要はないが、処理後にアルコールで手指をよく拭いておく。
4 高齢者への肺炎球菌ワクチンは、接種後5年を経過しないと再接種できない。
5 肺がんの90%以上は、アルコール性肺炎から進展する。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


book1ecbzns003green_022みんなが読んでる ケアマネ試験に出る!法改正2015

正解 問題26 234問題27 245問題28 235問題29 124問題30 124


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ