平成25年 介護支援分野 問題11~15

◆注目 情報◆ 

第19回ケアマネ試験解答速報はコチラから

第16回介護支援専門員実務研修受講試験 ケアマネ試験 平成25年 過去問題

[問題11]
介護予防・日常生活支援総合事業について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 市町村の判断により実施する。
2 市町村の事業であり,委託することはできない。
3 要支援者に対する介護予防が含まれる。
4 配食,見守りなどによる日常生活支援が想定されている。
5 包括的支援事業の一部である。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題12]
介護サービス情報の公表制度について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 都道府県知事は,相談・苦情等の対応のために講じている措置を公表しなければならない。
2 都道府県知事は,介護サービスの質の確保のために講じている措置を公表しなければならない。
3 都道府県知事は,利用者の権利擁護のために講じている措置を公表しなければならない。
4 国民健康保険団体連合会は,報告された内容が事実かどうかを調査しなければならない。
5 市町村長は,事業者が提供を希望する任意報告情報を公表しなければならない。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題13]
介護保険の保険料について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 第1号被保険者の保険料は,原則として,被保険者の負担能力に応じた6段階の定額保険料となっている。
2 第1号被保険者と第2号被保険者の一人当たりの平均保険料を同じ水準とする考え方がとられている。
3 第2号被保険者の保険料については,医療保険の種類にかかわらず,事業主負担がある。
4 生活保護の被保護者の保険料は,原則として,基準額の0.5倍である。
5 生活保護の実施機関は,被保護者の保険料を,その被保護者に代わり,直接市町村に支払うことはできない。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題14]
要介護認定の認定調査について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 市町村は,その職員である福祉事務所のケースワーカーに認定調査を行わせることができる。
2 市町村は,その職員である市町村保健センターの保健師に認定調査を行わせることができる。
3 市町村は,介護支援専門員に更新認定の調査を委託できない。
4 市町村は,指定居宅介護支援事業者に更新認定の調査を委託できない。
5 市町村は,地域包括支援センターに更新認定の調査を委託できる。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


[問題15]
要介護認定の申請手続について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 指定居宅介護支援事業者は,代行できる。
2 指定訪問介護事業者は,代行できる。
3 地域密着型介護老人福祉施設は,代行できない。
4 介護保険施設は,代行できない。
5 地域包括支援センターは,代行できる。

解説・答え
(答えのみを確認したい場合は、このページの最下部に表記)


book1ecbzns003green_022ケアマネ参考書 誰も教えてくれない最新法改正

正解 問題11 134問題12 123問題13 124問題14 125問題15 15


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ