平成25年 介護支援分野③


問題17 介護支援サービスのあり方として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 予防・リハビリテーションの充実
2 施設介護の重視
3 市民の幅広い参加と民間活力の活用
4 家族本位のアプローチ
5 総合的、一体的、効率的なサービスの提供

 

 

解答1・3・5

☆☆解説☆☆

 

問題18 介護保険のサービス計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 介護予防サービス計画は、都道府県知事が指定した介護予防支援事業所が作成する。
2 ケアハウス入居者は、施設サービス計画に基づく支援を受ける。
3 介護予防サービス計画を作成できるのは、介護予防支援事業者に限られる。
4 介護保険施設入所者の施設サービス計画は、施設の計画担当介護支援専門員が作成する。
5 居宅サービス計画には、長期目標を記載する。

 

 

解答4・5

☆☆解説☆☆


問題19 居宅サービス計画について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 現段階では、利用者およびその家族の生活に対する意向は含めない。
2 訪問看護を位置づける場合には、主治の医師等の指示が必要である。
3 原案について利用者が了解した場合には、サービス担当者会議の開催は不要である。
4 被保険者証に居宅サービスの種類の指定について記載がある場合でも、利用者はその変更の申請ができる。
5 提供されるサービスの目標とは、利用者がサービスを受けつつ到達しょうとする目標を指す。

 

 

解答2・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題20 居宅サービス計画について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 利用者が他の居宅介護支援事業者の利用を希望する場合には、過去2年分の居宅サービス計画を当該事業者へ交付しなければならない。
2 介護給付対象サービス以外の公的サービス及びインフォーマルな支援を優先的に盛り込まなければならない。
3 利用者からは、原案について文書による同意を得なければならない。
4 居宅介護支援事業者と同一法人のサービス事業者のサービスを優先的に盛り込むことが原則である。
5 提供されるサービスの目標及びその達成時期を記載した原案を作成しなければならない。

 

 

解答3・5

☆☆解説☆☆


問題21 介護予防事業について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 第2号被保険者は、一次予防事業の対象とはならない。
2 要支援となる恐れの高い状態にある者は、事業対象から除かれる。
3 介護予防ケアマネジメントは、医療機関が行う。
4 予防給付によって生活機能が改善し、非該当になった場合には、二次予防事業の対象となる。
5 介護予防ケアマネジメントでは、介護予防ケアプランを作成することがある。

 

 

解答1・4・5

☆☆解説☆☆

 

問題22 介護予防支援事業について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 指定介護予防支援事業者は、主任介護支援専門員を置かなければならない。
2 指定介護予防支援事業所には、常勤の管理者を置かなければならない。
3 その委託に当たっては、地域包括支援センター運営協議会の議を経なければならない。
4 指定居宅介護支援事業者に委託する件数には、上限が設定されている。
5 介護予防サービス計画における課題分析には、社会参加及び対人関係を含む。

 

 

解答2・3・5

☆☆解説☆☆


問題23 介護予防支援の提供上の留意点として、より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 目的は、運動機能や栄養状態などの特定の機能の改善である。
2 地域住民の自発的な活動を活用する。
3 地域支援事業と連続性及び一貫制を持った支援を行うよう配置する。
4 利用者のできない行為を代行するのが基本である。
5 利用者による主体的な取組を支援する。

 

 

解答2・3・5

☆☆解説☆☆

 

問題24 利用者から「訪問介護員が気に入らない。こちらの希望する仕事をしてくれない。」との訴えを受けた。介護支援専門員の対応として、より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 苦情を受けるのは介護支援専門員の業務ではないことを説明し、「訪問介護事業所とよく話し合ってください。」と伝えた。
2 まず、利用者がどのような性格の人かを確かめるため、民生委員に事情を聞きに行った。
3 希望する仕事が保険給付の業務に含まれるかを確認した。
4 訪問介護事業所に連絡を取り、事実関係を聞いた。
5 希望するサービスを要求どおりに行うよう、訪問介護事業所に伝えた。

 

 

解答3・4

☆☆解説☆☆



問題25 介護に疲れた妻は、ショートステイを利用させたいが、夫である利用者本人は、不安らしく頑なに拒んでいる。介護支援専門員の対応として、より適切なものどれか。2つ選べ。

1 本人に「みんなショートステイに行っているのだから、あなたも行った方がよい。」と話して、同じ事情の人がたくさんいることをわからせる。
2 本人に「保険料を納めているのだから、ショートステイを利用するのは権利ですよ。」と説明し、一方的にショートステイの利用手続きを進める。
3 「奥さんが疲れて倒れてしまったら、困りますね。」と話しかけ、本人が状況を理解し、自ら決めるのを待つ。
4 妻に「奥さんと離れてしまうことをおそれているのかもしれませんね。」と本人の心情を伝え、お互いが理解しあえるよう助言する。
5 妻から本人に「私が倒れたら家にいられなくなりますよ。」と伝えさせ、本人にわからせるよう指示する。

 

 

解答3・4

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成25年  介護支援分野①
  • 平成25年  介護支援分野②
  • 平成25年  介護支援分野③
  • 平成25年  保健医療サービス分野①
  • 平成25年  保健医療サービス分野②
  • 平成25年  保健医療サービス分野③
  • 平成25年  福祉サービス分野①
  • 平成25年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ