平成26年 介護支援分野②

問題9 介護保険の利用者負担に係る低所得者対策について正しいものはどれか。2つ選べ

1 生活保護受給者は,高額介護サービス費の支給の対象とはならない。
2 特定入所者介護サービス費の対象者には,申請により「介護保険負担限度額認定証」が交付される。
3 特定入所者介護サービス費支給後の利用者負担額については,社会福祉法人による利用者負担額軽減制度は適用されない。
4 社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象には,食費が含まれない。
5 社会福祉法人による利用者負担額軽減制度の対象には,居住費が含まれる。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題10 介護給付の種類として正しいものはどれか。2つ選べ。

1 特例居宅介護福祉用具購入費の支給
2 特例居宅介護住宅改修費の支給
3 特例地域密着型介護サービス費の支給
4 特例特定施設入居者生活介護サービス費の支給
5 特例居宅介護サービス計画費の支給

 

解答

☆☆解説☆☆

問題11 保険給付について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 特定福祉用具の購入に係る利用者負担は,高額医療合算介護サービス費の対象となる。
2 高額介護サービス費の負担上限額は,年単位で定める。
3 市町村の条例で区分支給限度基準額を上回る額を定めることができる。
4 種類支給限度基準額は,都道府県の条例で定める。
5 法定代理受領方式で現物給付化されるものがある。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題12 区分支給限度基準額が適用されるサービスとして正しいものはどれか。3つ選べ。

1 居宅療養管理指導
2 訪問リハビリテーション
3 小規模多機能型居宅介護
4 複合型サービス
5 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

 

 

解答

☆☆解説☆☆

問題13 要介護認定について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 第1号被保険者は,医療保険の被保険者証を添付して申請する。
2 認定調査票の基本調査項目には,身体障害者障害程度等級が含まれる。
3 主治医意見書の項目には,認知症の中核症状が含まれる。
4 被保険者が調査又は診断命令に従わないときは,申請を却下することができる。
5 主治医がいないときは,介護認定審査会が医師を指定できる。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題14 要介護認定の認定調査票(基本調査)について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 買い物は,含まれる。
2 徘徊は,含まれない。
3 点滴の管理は,含まれない。
4 家族の介護力は、含まれる。
5 外出頻度は,含まれる。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

問題15 要介護認定等基準時間の算定方法について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 家庭で行われる介護時間を基にする。
2 「1分間タイムスタディ・データ」による樹形モデルを用いる。
3 「特別な医療」に関する項目から求められた時間を合算する。
4 「特定疾病」に関する項目から求められた時間を合算する。
5 主治医意見書の「移動」の項目に記入された時間を合算する。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題16 要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護認定審査会は,複数の市町村で共同設置することができる。
2 主治医意見書の項目には,医学的管理の必要性が含まれる。
3 介護認定審査会は,必要があるときは,主治医の意見を聴くことができる。
4 介護認定審査会は,認定に際してサービスの種類の指定権限を持つ。
5 認定されなかった場合には,被保険者証は返還されない。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成26年  介護支援分野①
  • 平成26年  介護支援分野②
  • 平成26年  介護支援分野③
  • 平成26年  保健医療サービス分野①
  • 平成26年  保健医療サービス分野②
  • 平成26年  保健医療サービス分野③
  • 平成26年  福祉サービス分野①
  • 平成26年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ