平成26年 介護支援分野③

問題17 介護支援専門員の業務について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 必要に応じて再課題分析を行う。
2 サービスの種類,内容及び頻度を最終的に決定する。
3 サービス担当者会議を主宰する。
4 居宅介護サービス事業者からも情報を得て,モニタリングを行う。
5 要介護度の変化があれば,認定調査員に再調査を依頼する。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題18 ケアマネジメントについて適切なものはどれか。2つ選べ。

1 課題分析標準項目には,   ADLとIADLが含まれる。
2 作成されたケアプランの原案を,サービス担当者会議で検討する。
3 モニタリング情報は,3か月ごとに保険者に報告しなければならない。
4 生活保護受給者のケアプラン作成は,福祉事務所の現業員が担当する。
5 生活保護受給者のケアプランは,福祉事務所が指定する医師の了解を得なければならない。

 

解答

☆☆解説☆☆

問題19 介護予防サービス計画の作成に関する基準について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 原案に位置付けた介護予防サービスの担当者から意見を求める。
2 問題志向型で作成しなければならない。
3 主治医の指示がなければ,介護予防訪問看護を位置付けることはできない。
4 介護予防福祉用具貸与を継続するときは,理由を記載しなければならない。
5 特定介護予防福祉用具販売を位置付けてはならない。

 (注)「基準」とは,「指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準(平成18年厚生労働省令第37号)」のことである。

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題20 介護予防支援のためのサービス担当者会議に関する基準について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護予防福祉用具貸与を利用する場合は,定期的に開催する。
2 新たに介護予防サービス計画原案を作成したときは,必ず開催する。
3 会議の記録は,その開催日から2年間保存しなければならない。
4 利用者が要支援更新認定を受けたときは,やむを得ない場合を除き,開催する。
5 利用者が要支援状態区分の変更の認定を受けたときは,やむを得ない場合を除き,開催する。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

問題21 施設サービス計画の課題分析について,より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 課題分析標準項目には,認知能力に関する項目は含まれない。
2 課題分析標準項目には,介護力に関する項目は含まれる。
3 課題分析標準項目には,介護認定審査会の意見に関する項目は含まれない。
4 入所者及びその家族に面接して行わなければならない。
5 他の介護保険施設から転入した入所者については,省略することができる。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題22 居宅介護支援における介護支援専門員の業務について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 在宅ターミナル期の居宅サービス計画は,医療職の介護支援専門員が作成する。
2 利用者の価値観を尊重する。
3 利用料の説明については,各サービス事業者に任せる。
4 利用者から介護保険施設への入所希望があったときは,保険者へ依頼する。
5 課題分析は,他に委託することができない。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

問題23 介護保険施設について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 地域密着型介護老人福祉施設は,含まれる。
2 認知症対応型共同生活介護は,含まれる。
3 共済組合は,介護老人保健施設を開設できる。
4 健康保険組合は,介護老人保健施設を開設できる。
5 介護老人保健施設には,広告の制限がある。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題24 腰痛の持病のある一人暮らしのYさん(75 歳,女性)が,つまづいた拍子にさらに腰を痛めて動けなくなった。要介護2の認定を受け,当初は週5回訪問介護を利用していた。その後要介護度が改善し,家事は相当程度行えるようになったが,訪問介護員の家事に頼り,訪問介護員との会話を楽しみにしている。このため,訪問介護の回数を減らすことに納得しない。介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 家事について,現状でYさんができることとできないことを一緒に確認する。
2 話し相手になってくれるインフォーマルサポートを探す。
3 自分でできる家事は保険で給付できないとして,一方的に自立を求める。
4 訪問介護事業所に訪問回数を減らすよう指示する。
5 Yさんの生活上の楽しみを見つけ,それを実現するための方法を検討する。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

問題25 一人暮らしのAさんは,脳梗塞を発症して入院し,現在は介護老人保健施設に入所している。右半身に麻痺が残るものの,在宅生活が可能との判断から退所が決まり,担当することになった居宅介護支援事業所に相談が入った。Aさんのこれからの在宅生活を考えるに当たり,居宅介護支援事業所の介護支援専門員の対応として,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 介護老人保健施設の支援相談員に,居宅サービス計画原案の作成を依頼する。
2 着脱しやすい衣服の工夫について,介護老人保健施設の理学療法士や作業療法士に相談する。
3 転倒を防止するため,なるべくベッド上での生活を中心とした居宅サービス計画を作成する。
4 退所前に介護老人保健施設の理学療法士や作業療法士とともに自宅を訪問し,動線と家具の配置を確認する。
5 介護老人保健施設入所中にアセスメントを行い,退所に向けたカンファレンスに参加する。

 

 

解答

☆☆解説☆☆

 

関連ページ

  • 平成26年  介護支援分野①
  • 平成26年  介護支援分野②
  • 平成26年  介護支援分野③
  • 平成26年  保健医療サービス分野①
  • 平成26年  保健医療サービス分野②
  • 平成26年  保健医療サービス分野③
  • 平成26年  福祉サービス分野①
  • 平成26年  福祉サービス分野②
  • 過去問題特集 目次

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ