No.215【ケアマネメルマガ】 2013年07月05日



01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

★長寿・高齢化の進展

★要介護高齢者の増加

★介護の長期化・重度化

★従来制度の問題点

★社会保険方式の意義

これらの単語を耳にされ【支援分野・問題1】を連想なさった受験生さん冴えておられます。

まいとし支援分野トップを飾るのは、介護保険制度導入の背景にちなむ問題ですね。

では、実際の数字はどうでしょうか??

厚生労働省より11年度の数字が発表されましたので、ご紹介してみましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2011年度に、要介護・要支援認定を受けた人は、531万人。

前年度から4・8%増加で制度スタート時に比べ2倍以上になっています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

531万人の内訳は・・・


第1号:515万人


第2号:16万人

要支援1:71万人

要支援2:69万人

要介護1:97万人

要介護2:95万人

要介護3:72万人

要介護4:66万人

要介護5:61万人

1ヶ月平均のサービス受給者数は434万人で、

さらに内訳は・・・


居宅サービス319万人


施設サービス86万人


地域密着型サービス29万人

皆さまがプランを担当させていただくかたがたのイメージがわいてきたでしょうか??

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

利用者負担分をのぞく保険給付は、7兆6298億円!!で、前年度比5・8%増。

第1号被保険者1人あたり25万6000円の給付費となる計算です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

7兆円越えというあたり覚えておいてもいいかなとおもう井上です。

梅雨前線停滞中ですが7日は 美しい星空になりますように!!

それでは良い週末を。

■練習問題です。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護に関する練習問題・5問です。

1問 1答でよろしければトライを!

(1)
主治の医師が認めた居宅要介護者以外は給付対象とならない。

(2)
訪問看護サービスを行うのは看護師に限られる。

(3)
提供するサービスは、定期巡回サービスなどの3種類である。

(4)
計画作成責任者は介護支援専門員でなければならない。

(5)
定額給付であるため、居宅サービス計画に盛り込んだ場合には、他のサービスは保険給付とならない。

正解は、
本文の一番最後にあります。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

省略

■■■■■■■
正解は、すべて×に。
今夜頑張って5つとも正しい文章に作り変えてみてくださいね。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ