No.219【ケアマネメルマガ】 2013年07月19日



01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

気分はカンパリソーダ。
キリリと冷えた1杯で目覚める井上・・・

なんて、いただきものの梅酢ジュースが正体です。

夏バテ解消はもちろん、疲労回復、食欲増進、血圧低下、血糖値抑制骨そしょう症防止に便秘解消効果などなど。

【いいことづくめ】の【お酢】。

美味しく・ヘルシーに夏対策をぜひ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、ちょこっと学習を。
テーマは、【基準該当サービス】。

お一人で始める場合でも大手民間企業が参入する場合であっても、介護保険の事業者として看板を上げるには指定を受ける必要があります。

まずは、これが大原則。

いくつもの条件をクリアして指定が行なわれるのですね。

でも・・・
制度には、かならずイレギュラーも存在することがお約束。

それが、
基準該当サービスです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ある事業者が、指定居宅サービス事業者等の指定条件を完全には満たしていなくても、保険者である市町村が、当該事業者のサービスが一定の水準を満たしていると認めた場合には、基準該当サービスとして被保険者に対し、特例居宅介護サービス費などが支給される場合があり、こうしたサービスを提供する者を、基準該当サービス事業者と呼びます。

基準該当サービス事業者は訪問介護、通所介護などの一部の居宅サービス、居宅介護支援、介護予防訪問介護、介護予防通所介護などの一部の介護予防サービス、介護予防支援について認められています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さらに、もう1つ。
さらなるイレギュラー。

例外的に、離島などのように、指事業者によるサービスも、基準該当サービスも確保することが困難な地域においては、それ以外の事業者によるサービス提供も(相当サービスの提供)一定の要件の下、市町村の個別判断により介護保険給付の対象とすることが認められています。

こうした者も、その限りで介護保険法上のサービス提供者(相当サービス事業者)になることがあります。

離島における相当サービス事業者は、

居宅サービス、地域密着型サービス、居宅介護支援、介護予防サービス、地域密着型介護予防サービス介護予防支援について認められています。

本試験では先祖帰りして基準該当がひょっこり出題されることも。

おおおまかなイメージをぜひ、つかんでおいてくださいね。

それでは、良い週末を。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ