練習問題お届け! 2013年08月24日



01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です。

そろそろ8月も終盤ですね。体調管理は上手に行なえておられますか??

お仕事柄、御自身のことはついつい後回し・・・

そんな方がきっと多いとおもいます。

ビタミン・ミネラル、そして良質なたんぱく質

この週末でリフレッシュしたら、いよいよ本試験まで、猛チャージですね!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、本日も練習問題をお届けいたします。

テーマは【認知症】。
1問 1答デどうぞ!!!

(1)
認知症の中核症状は必ず出現する症状で、認知症の診断やその進行の判断の目安とされる。

(2)
中核症状の中で最も中心となる症状は、記憶障害と見当識障害、判断力低下である。

(3)
周辺症状はBPSDとも呼ばれる。

(4)
BPSDは認知症の中核障害に伴い二次的に出現する症状とされる。

(5)
BPSDを起こしやすい要因として孤立・不安不適切な薬剤の使用等があげられる。

(6)
2011年からは『市町村認知症施策総合推進事業』が実施されている。

(7)
市町村認知症施策総合推進事業では、認知症地域支援推進員を中心に介護・医療地域の連携の構築を目指している。

(8)
認知症疾患医療センターは認知症の専門診断、医療連携、家族指導などの機能をもつ。

(9)
BPSDの治療には、非薬物療法が第一の選択となる。

(10)
平成23年度には、『市民後見推進事業』が創設され支援体制の構築が実施されている。

10問、お疲れさまでした!

正解は、全部○になります。

ちょっと迷ったところ、聴いたことないワードなど今夜5分のおさらいを!!



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ