練習問題お届け! 2013年09月12日



01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です。

模擬試験作りも参加させていただいている井上・・・

音声教材セットご購入の受験生さんたちから1回目結果がたくさん届き

気になるのは、皆さまが得点を逃された単元です

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ずばり!!
【難問王】となったのは

① 介護保険法の雑則

② 国保連ができる業務

③ 介護保険審査会

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

本日はこの3つの単元にちなむ練習問題をどうぞ。

1問 1答 です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

(1)
被保険者が償還払いで給付を受ける権利は、2年で消滅する。

(2)
市町村は必要と認める時は被保険者の資産・収入状況などを調査することができる。

(3)
国保連は介護報酬の審査・支払、および苦情処理のほかに、第三者行為求償事務を行なうことができる。

(4)
国保連は介護予防・日常生活支援総合事業に関する審査・支払業務を行なうことができる。

(5)
介護保険審査会の委員の任期は3年で再任も可能である。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

手ごたえ有りでしたか?

正解は、全部○ですね。

国保連、審査請求は覚えてしまうだけの得点源向きの単元です。

しかも、学習範囲が狭く超・お得単元ともいえます

後回しにせず、ぜひとも今夜5・分のおさらいで確実な2点を先取りしておきましょう!!



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ