No.238【ケアマネメルマガ】 2013年09月21日



01-green2

こんばんは
合格オンラインの井上です。

★★★★★★★★★★★★

るーるーるるる♪♪
るーるーるるる♪♪

★★★★★★★★★★★★

それでは。
今夜より、夜スペシャル略して、【夜スペ】をお届けいたします。

前半は、医療系サービス後半は、疾患特集を予定しております。

1行でも、1句でも皆さまの大切な学習のヒントに御活用いただければ幸いです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

では、さっそく学習です。
まずは、井上から質問を。

皆様、【加減乗除】っておぼえておいでですか?

学生の頃、習ったようなこの言葉。

じつは。
じつは。

これが、医療系サービスの【キモ】。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

加は、加算で足し算を。
減は、減算で引き算を意味します。

【加算】は、通常報酬にプラスすること。

【減算】は、通常報酬にマイナスすること。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そして。
そして。
冒頭の、るーるるるる♪がここで登場です。

そうですね。
【ルール】であります。

ルール・すなわち、算定要件に基づくことが、【加算】と【減算】の大切な大切な、ルール。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

たとえば。
老健のサービスに関する15回の問題38ならば。

(もんだい)

経口維持加算は医師等の指示に基づき、管理栄養士その他の職種が共同して計画を作成し、継続して経口摂取を進めるための特別な管理を行った場合に算定できる。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

正解は、○になります。

★ 管理栄養士の配置
★ 医師等の指示のもと
★ 各職種が共同すること
★ 継続的な栄養支援
★ 栄養計画の作成
★ 特別な管理を行なう

文章を分解してみるといくつもの、算定要件を満たしているからですね。

老健の【経口維持加算】は施設サービス等に関する費用の額の算定に関する基準として、規定されています。

プラスアルファのサービスは要件を満たせば介護報酬にもプラスしてOK

これが、【加算】ですね。

今までよりも、加算を身近に感じていただければうれしい井上です。

それでは、また明晩。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ