No.268【ケアマネメルマガ】 2013年10月10日



01-green2

こんばんは
合格オンラインの井上です。

さあ!!
今夜もノンストップ10問お届けいたします。

テーマは・在宅医療です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(1)
麻薬によるがんの疼痛管理をしている場合には、腸の蠕動運動が抑制されるため便秘になりやすい。

(2)
在宅酸素療法では、引火のおそれがあるため火気から2メートル以上離すことや禁煙することが必要である。

(3)
慢性閉塞性肺疾患等により動脈血炭酸ガスが上昇しやすい患者では、安易に酸素吸入量を増やすと炭酸ガス貯留を助長する恐れがある。

(4)
尿路感染症を繰り返す要介護者については尿道留置カテーテルをその原因として考慮する。

(5)
CAPDによる人工透析は在宅での管理が可能であり血液透析に比べて通院回数が少なくてすむ。

(6)
糖尿病における在宅管理では、血糖コントロール不良による高血糖が原因の昏睡にも十分に注意する。

(7)
中心静脈栄養療法においてポート針の交換は週に1回から2回行なう。

(8)
流動食注入時の注意事項として患者の体をできれば起こしてファーラー位かセミファーラー位にすることがあげられる。

(9)
経管栄養実施時の観察事項には便秘や下痢・消化器症状の有無があげられる。

(10)
気管切開においては、器官カニューレは週に1回程度交換する。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

10問・ぜんぶ○ですね。

各種器具などにおける消毒ペースや交換ペースはひっかけ問題として出題されやすい傾向に。

今夜5分のおさらいを!!

それでは、また明晩。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ