No.305【ケアマネメルマガ】 2014年05月02日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

さあ!! 5月ですね。

大人になっても、新しい1ヶ月ってうれしいもの。

いつもより5分だけ早起き前夜のおさらいで得点力アップといきましょう!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

では、少しだけ学習です。
本日は、要介護認定をテーマに練習問題特集をどうぞ。

1問 1答でトライを!!!

(1)
市町村は、その職員である福祉事務所ケースワーカーに認定調査を行わせることができる。

(2)
市町村は、その職員である市町村保健センター保健師に認定調査を行わせることができる。

(3)
市町村は、地域包括支援センターに更新認定の調査を委託できる。


(4)
要介護状態とは基本的な日常生活動作について介護を要する状態が6ヶ月以上継続すると見込まれる場合をいう。

(5)
認定調査の結果及び主治医意見書は介護認定審査会に通知される。

(6)
特定疾病の1つとして関節リウマチがあげられる。

(7)
特例サービス費は市町村が必要と認めた場合に保険給付の対象となる。

(8)
指定市町村事務受託法人は更新認定の調査も受託することができる。

(9)
市町村は、要介護認定を受けた被保険者が要介護者に該当しなくなったと認めるとき認定を取り消すことができる。

(10)
認定を取り消す際には市町村は被保険者に対して被保険者証を提出させ認定にかかる記載を消除したうえで返還する。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

10問お疲れ様でした!

正解は、すべて○ですね。

要介護認定は介護保険における最大の特徴です。

今年も少なくとも2問。多ければ、3問登場すると予想されます。

大切な得点源としてぜひしっかりじっくり学習を。

それでは、良い1日を。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ