No.346【ケアマネメルマガ】 2014年09月26日



01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です。

目標を立てたら原案作成。
シュミレーションを終えいざ実行、そして評価考察

定期的なモニタリングで継続、再評価・考察。

どなたも御仕事シーン等で御経験があることとおもいます。

介護保険制度においても責任運営実施主体である市町村、そして市町村をフォローする役目にある都道府県において、実は【計画が作成されます。】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

市町村が作成するのは市町村介護保険事業計画(市町村計画)

都道府県が作成するのは都道府県介護保険事業支援計画となります。(都道府県計画)

どちらも3年を一期として策定され、基本指針は国がつくることにも、御注意ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2つの事業計画はそれぞれ責務となり、御約束ごとがしっかり決められています

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【御約束・その1】

市町村計画は、
【市町村老人福祉計画】と一体のものとして作成。

また、
地域の福祉サービスの適切な利用推進等を定める【市町村地域福祉計画】、その他の要介護高齢者等の保健・医療・福祉に関する計画等と調和が保たれたものでなければなりません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【御約束・その1】は
今夜のうちに完全丸暗記を御願いいたします。

次回は、【御約束・その2】をお届けいたしますね。

それでは、良い週末を!!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ