練習問題お届け! 2014年09月28日



01-green2

こんにちは

合格オンラインの井上です。

駅までの道を早足の井上。
でも気になる甘い香りが

くん。
くん。
くん。

えっへん。
見つけました。
この秋一番の『金木犀』。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、練習問題をどうぞ。
医療アラカルト第2弾!!
1問 1答で トライを。

(1)
訪問看護ステーションにあっては理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士も訪問看護サービスに携わることができる。

(2)
訪問看護を利用している者の病状が急激に悪化し、主治医が特別指示書を交付した場合には、2週間に限り、毎日、訪問看護を利用することができる。

(3)
指定療養通所介護の管理者は看護師でなければならない。

(4)
定期巡回・随時対応訪問介護看護においては、医師及び看護師も、随時対応サービスのオペレータになることができる。

(5)
介護療養型老人保健施設とは、療養病床から転換した夜間の看護体制などがある、老人保健施設のことである。

(6)
指定療養通所介護事業者は安全・サービス提供管理委員会を設置しなければならない。

(7)
医師、薬剤師が行う居宅療養管理指導は、介護支援専門によるケアプランが作成されていなくても算定できる。

(8)
肝硬変の末期では血小板減少などにより出血傾向をきたしやすい。

(9)
1秒率の減少は、呼吸器機能の低下をあらわす。

(10)
腎不全の食事においては摂取エネルギーを十分に確保する。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いかがでしたか??

10問全部、○になります

正答できなかった問題こそ伸びしろであります。

きっちり確認。
しっかり得点源に!!



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ