No.357【ケアマネメルマガ】 2014年10月08日(夜スペ)


01-green2

【夜スペシャル】

こんばんは、合格オンラインの井上です

お疲れ様です。

ふと空を見上げて月食を見た受験生も多いことでしょう。

気分転換を上手にしながら学習を進めてまいりましょう。

では、本日は模擬試験で受験生が得点を取れていない部分を一部解説いたします。

・地域支援事業

・介護予防支援

・給付の種類・内容・手続き

・介護保険事業計画

上記の4つをあげましたが実際の本試験で上記の4つの分野の問題は何問出題されるかご存知ですか?

試験では出題パターンというある一定のきまり、法則性があります。

この出題パターンを無視して練習問題等を沢山と解くと合格に必要な知識領域を満たしているのか満たしていないのかわからなくなります。

上記の4つでだいたい6点前後あると考えている受験生は、学習の方向性がバッチリあっていますので自信をもって学習をすすめてくださいね。

あまり自信が無いという受験生は、出題パターンを模擬試験等で明確に理解して狙った単元で得点をとることを今はしたほうが、効果は断然上がります。

上記の4つの単元で得点率6問中5問とれる受験生は支援分野の学習は合格圏にあるとすいてされます。

・地域支援事業
でこんな出題ならこう解答しよう。

・介護予防支援
でこんな出題ならこう解答しよう。

・給付の種類・内容・手続き
でこんな出題ならこう解答しよう。

・介護保険事業計画
でこんな出題ならこう解答しよう。

上記のようなイメージをいくつもてるかが重要です。

漠然と何が出るのかわからない状態で試験に臨むことはあまりおすすめできません。


本日の練習問題は上記の4つの分野から1問ずつ出題です。

○か×でご回答ください。

・地域支援事業
問題1
介護予防・日常生活支援総合事業は介護予防支援事業者が実施する。



答え
自信を持って×とご回答ください。
介護予防支援事業者は要支援者に対して介護予防支援を実施します。

介護予防・日常生活支援総合事業は地域支援事業なので、市町村が地域包括支援センター等に委託をして実施します。

・介護予防支援
問題2
介護予防事業は介護予防支援事業者が実施する



答え
自信を持って×とご回答ください。
介護予防支援事業者は要支援者に対して介護予防支援を実施します。
介護予防事業は地域支援事業の中にある事業で、介護予防事業は、65歳以上の方を対象に「介護が必要となる状態を予防する事」を目的にしています。

・給付の種類・内容・手続き
問題3
予防給付は、自立高齢者、要介護者には給付は行われない。


答え
自信を持って○とご回答ください。
予防給付は要支援者に対して行われる給付ですよね。要介護者に対して行われる給付は介護給付。

自立高齢者に対しての給付はなく、地域支援事業で対応します。

・介護保険事業計画
問題4
都道府県介護保険支援計画と都道府県医療計画は一体のものとして作成される。


答え
自信を持って×とご回答ください。
これは、ウルトラスーパーひっかけ問題の定番形式です。
一体のものが×となり【調和】という言葉が○になります。

■本日の名言格言

・失敗からは、必ず新たな発見がある。最近は、失敗するのが楽しみになってきました。

ノーベル化学賞受賞者 田中耕一 氏

・重要なことは、たえず「転んだ方がベスト」と思えること。この信条さえあれば、自分がどの道に転ぼうと、最後は「自分の選んだ道は正しかった」と思えるようになります。

科学者 藤田誠 氏

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ