No.359【ケアマネメルマガ】 2014年10月10日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

ぜーーんぶで90秒以内。

そうなんです。
本試験は時間との勝負。

問題をじっくり読みしっかりと考えたらあわてず正確にマーク。

見直しのためにはファイナルアンサーの設問の番号を問題用紙にきっちり書き留めておくことも必要です。

★★★★★★★★★★★★
これ。
ぜーーーーんぶを90秒以内に行うことが皆さまのミッション。
★★★★★★★★★★★★

連休中にお時間が取れれば時間を計って問題を解く練習も、ぜひなさってみてくださいね。


では、すこしだけ学習を。

もし介護が必要なかたが介護保険のサービスを利用したいと思われたならば・・・

どこの事業所さんにしようかと探す手立てがほしいですよね。

近くに複数候補があるなら比べてみたいと思われるのではないでしょうか?

そんなニーズが制度化され【都道府県知事による介護サービス情報の公表】が行われています。

ここでの学習ポイントは下記のとおりです。


サービス情報公表の内容


公表の手続き

※介護サービス情報の都道府県知事への報告

※都道府県知事による介護サービス情報の公表

※都道府県知事による調査


調査命令・指定の取消等


都道府県知事による情報の公表の推進

◆ 
指定調査機関


指定情報公表センター

では、お別れの前に1問!○か、×かでトライを。

★★★★★★★★★★★★

(もんだい)

介護サービス情報の内容には、認知症の利用者、入所者又は入院患者に対する介護サービスの質の確保のための取組の状況が含まれる。
(14回 問題7より)

★★★★★★★★★★★★

正解は、○になります。

このまま全文暗記を!!!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ