No.369【ケアマネメルマガ】 2014年10月17日(夜スペ)


01-green2

【夜スペシャル】

こんばんは、合格オンラインの井上です。

お疲れ様です。

 

合格に向けて、毎日、10分間実力確認問題をお届けします。

次の5問を10分で解いていただき4点5点得点できる受験生は合格圏にあると思われます。

3点の受験生は、ラストスパートで合格可能と思われます。
1点、2点の受験生はウルトラスーパーダッシュで合格に間に合わせて下さい。

では、問題5問お届けします。

制限時間10分です。

ではどうぞ、

問題 1
2011(平成23年度)の介護保険制度改正について、次の記述のうち、適切なものを3つ選べ。

1 地域包括ケアシステムが求められる理由として、①高齢者ケアニーズの増大、②単独世帯の増大、③脳血管疾患の増大があげられる。

2 地域包括ケアシステムを実現するためには、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスを切れ目なく、有機的かつ一体的に提供する必要がある。

3 認知症対策の推進について、介護サービス利用契約の支援等を中心に、市民後見人を活用し権利擁護を推進することとなった。

4 地域包括ケアシステムを実現するために、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、複合型サービス、介護予防・日常生活支援総合事業が新たに創設された。

5 地域包括支援センターによる「認知症に関する調査研究の推進等」の努力義務が介護保険法に新たに加えられた。

解答

2○
3○
4○

問題 2
介護保険制度について、次の記述のうち適切なものを3つ選べ。

1 介護保険制度の保険事故は、要支援状態または要介護状態となった場合を意味する。

2 介護保険の保険事故率は、年齢が低くなる程、高くなる傾向がある。

3 介護保険の保険給付の支給要件や給付額は保険の加入期間とは無関係なので「短期保険」といえる。

4 保険者は被保険者に対して様々な義務を負うが、保険者の最大の義務は、要支援、要介護認定をおこなうことである。

5 介護保険は、市町村の区域内の住民を被保険者としている点から考えると、「地域保険」といえる。

解答
1○

3○

5○


問題 3
介護保険の被保険者・被保険者証について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 被保険者証は、世帯単位で発行される。

2 要介護認定・要支援認定の申請の際には、被保険者証と引き替えに資格証(暫定被保険者証)が発行される。

3 2か所以上の介護保険施設に順次入所し、順次住所をそれぞれの施設に変更した被保険者は、最後に入所した施設が所在する市町村の被保険者となる。

4 市町村が保険料を普通徴収の方法により徴収する場合には、第1号被保険者の属する世帯の世帯主は、その保険料について連帯納付義務を負う。

5 被保険者証には、その被保険者が受けてきた居宅サービスの種類と回数が記載されている。

解答

2○

4○

問題 4
介護保険法において市町村が条例で定めることとされているものはどれか。3つ選べ。

1 介護保険審査会の公益代表委員の定数

2 指定介護老人福祉施設の入所定員

3 要介護認定審査会の委員の定数

4 市町村特別給付の内容

5 第1号被保険者に対する保険料率の算定

解答


3○
4○
5○

問題 5
都道府県の責務についての次の記述のうち適切なものはどれか。3つ選べ。

1 都道府県介護認定審査会の設置

2 財政規模が小さい市町村に対して、調整交付金の交付

3 認知症に関する調査研究の推進

4 社会保障審議会の設置・運営

5 指定市町村事務受託法人の指定

解答
1○

3○

5○

お疲れ様でした。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ