集計結果について 2014年11月20日


01-green2

こんにちは、
合格オンラインの井上です。

予想合格基準点の得点分布アンケートに沢山の受験生様にご協力いただき誠にありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

今年は、受験免除科目がある試験の最後ということで、受験者数が下記のように増加しております。

30619人増加の174881人の方が受験されております。

受験生の特徴は、高得点を目指して受験準備された方が例年より多くおられるようです。

では、アンケート結果をお届けいたします。

あくまでも、客観的な指標です。
目安としてお考えいただき、12月10日に発表される合格基準点と異なる場合もございますので、目安としてご参考になさって下さい。

また、予想合格基準点の一人歩きを避けたいので、下記の考え方を前提にしております。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

では、ご報告をさせていただきます。

第17回合格予想基準点について

最初に受験生の皆様にお願いしたいこと。

データにつきましては、受験生のご厚意によりご協力いただいたものをベースとして検証しております。

予想点算出根拠について

・第14回
・第15回
・第16回
・第17回の
得点データ分布グラフを並べて比較検討

・各年度の平均点
・各年度の合格基準点
・各年度の合格率
・各年度の問題難易度のばらつきを比較して、法則性があるのかどうかを検証して予想合格基準点を算出しております。

グラフはこちらから

http://jyouhousite.com/goukakuline/


定量可能な条件データ数

2011年度2300データ

2012年度2150データ

2013年度2000データ

2014年度2400データ

・各年度の平均点

・各年度の合格基準点データはこちらから

http://jyouhousite.com/goukakukijyun/

・各年度の合格率

・各年度の問題難易度のばらつき

・受験生の申告による得点のデータ数。

友人・知人等の伝聞系のデータは含めず。

いたずらと思われるデータ含めず。

同じアドレスからの複数データ含めず。

医療の基礎と総合を区分していないデータ含めず。

◆定性的な条件について

・試験制度変更前の特別な事情有りなのか無しなのか?

例1
介護福祉士国家試験で試験制度変更により合格率が約50%から約64%へ大幅にアップされた事例があります。

例2
介護福祉士実技試験免除制度導入により実技の問題レベルを上げ不合格者を大量発生させた事例があります。

合格者数を今後、増やしたいのか、減らしたいのかいわゆる介護労働市場での需要と供給の関係で合格者数・合格率を意図的にコントロール調整することもありうると考えております。

調整ありの場合は、過去のデータ算出方法を利用すると結果として、差異がでることをご了承ください。

分かりやすく言えば、合格者を減らしたいという条件がつけば、合格者数も減らされ、合格率もさがります。
たとえば、昨年と同等の成績順位でも、昨年なら合格、今年なら涙ということもありえます。


◆◎◆◎◆◎◆◎◆◎◆
アンケート点数
データ比較に関する検証について

まず、予想合格基準点の計算根拠となる数字から

◆◆◆◆
基準となる定量データ

◆◆◆◆
支援分野の平均点

第14回-16.2点

第15回-17.57点

第16回-16.86点

第17回-17.19点

◆◆◆◆
医療基礎+総合の平均点

第14回-13.27点

第15回-13.39点

第16回-15.49点

第17回-13.91点

医療総合のみ平均点

第14回-2.26点

第15回-3.36点

第16回-3.14点

第17回-3.54点

◆◆◆◆
福祉の平均点

医療総合のみ平均点

第14回-12.25点

第15回-11.43点

第16回-11.92点

第17回-12.48点

◆得点分布部ラフはこちらからご確認ください。

http://jyouhousite.com/goukakuline/


◆◆◆◆
●受験者数

第14回  145,529人
第15回  146,586人
第16回  144,397人
第17回  174,881人

●合格率
第14回  15.3%
第15回  19.0%
第16回  15.5%


第17回  15.0%の場合で合格基準点予想

●合格者数
第14回  22,332人
第15回  27,905人
第16回  22,324人


第17回  26,232人15%の合格率の場合

◆◆◆◆
予想合格基準点について

特筆すべきこと
・支援分野平均点過去2番目に高い17.19点

・医療基礎第16回より約2点マイナス

・医療総合平均点過去最高の3.54点

・福祉平均点過去最高の12.48点

・駆込み受験者約3万人(推定)の受験準備レベル不明

◆考え方

駆込み受験者約3万人(推定)が平均点を押し下げると合格基準点も下がってくると思われます。

◆結論予想合格基準点
グラフの得点分布状況より

合格率15%の場合

支援分野(25問中)
16点

医療基礎+総合(20問中)
12点
(内訳基礎8点と総合4点)
合計で12点以上であればよいです。

福祉(15問中)
13点

看護師等の場合
医療総合+福祉(20問中)
16点
(内訳総合3.5点+福祉12.5点)

60問受験者
25点

(内訳医療12点+福祉13点)

◆補足
合格率が15%を超える場合

支援15点 医療20問中12点の組み合わせも考えられます。

グラフの分布状況と平均点を見比べてご判断お願いします。

12月10日までは、だれも結果を知ることはできません。

最後まで自分を信じ、冷静に吉報が届くことを待ちましょう!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ