No.391【ケアマネメルマガ】 2015年02月13日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

その数、『約・1554』

これって、何を表す数字と皆さま思われますか??

介護保険制度における【保険者数】なのです。

地域保険のかたちをとる介護保険制度における責任運営実施主体、それが【保険者】ですね。

具体的には、『市町村および特別区』が保険者ですが全ての市町村が保険者ではないことにどうぞ御注意ください。

さて、制度の要となる保険者は実に多岐に渡る事務を行います。

文字数の関係で網羅できず大変申し訳ないのですが、タイトルだけあげますと以下のようになります。

◆被保険者の資格管理に関する事務

◆要介護認定・要支援認定に関する事務

◆保険給付に関する事務

◆サービス提供事業者に関する事務

◆地域支援事業及び保健福祉事業に関する事務


◆市町村介護保険事業計画に関する事務

◆保険料に関する事務

◆介護保険制度の運営に必要な条例・規則等の制定、改正等に関する事務

◆介護保険の財政運営に関する事務

1つ目の被保険者の資格管理には

例えば、先日学習した住所地特例の管理などが

2つ目の認定に関する事務には
介護認定審査会の設置などがあります。

それぞれどのような内容となるかは、ぜひチェックなさっておいて下さいね。

ここがつかめていると支援分野の学習はぐぐっと楽になります!!(これ、ほんとうです)

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ