No.396【ケアマネメルマガ】 2015年03月03日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

なんだか真冬に逆戻りの日があるかとおもえば、ぽかぽか眠くなっちゃう日もあって・・・

季節の変わり目ですから皆さま、どうぞご自愛を。


では、3月初回の学習です。

本日は、どなたも気になる4月からの、報酬改定にも関わる内容となってます。

国に責務がありますように厚生労働大臣にもきっちり介護保険法に責務が規定されています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

介護保険制度に関する、重要事項を政省令や告示で定める際には、さまざまな立場や分野の国民の意見をそれらに十分反映させるために、関係者や学識経験者の意見を広く聴取し、その意見を踏まえることが適当との観点から、【厚生労働大臣】は、介護報酬の算定基準やサービス提供事業者の人員設備、運営に関する基準を定める条例にかかる基準の設定などにあたっては、あらかじめ、【社会保障審議会】の意見を、聴かなければならないこととされます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【社会保障審議会】とは、

厚生労働省内に設置された審議会で、法令によりその権限とされた事項を処理するとともに、社会保障及び人口問題に関する重要事項の調査審議を行います。

構成する委員の方々は、学識経験者のなかから厚生労働大臣が任命する委員、臨時委員、専門委員となります。

2011年の介護保険法改正4月からの報酬改定などどれも、もちろん審議会において見直しが行われ改正に至ったわけですね。

過去の本試験においても13回問題1、12回問題3などに登場しています!!

ぜひ、チェックなさってみてくださいね。

それでは、良い1日を。

◆つぶやき

http://jyouhousite.com/2015tubuyaki26/

◆無料過去問題

http://goukakuonline.com/wordpress/kakomonn/

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ