いよいよスタート♪♪ 2015年03月28日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

気合、やる気、お気に入り風水においてとても大切にされるものが、『気』。

お気に入りのペン。
お気に入りのラインマーカー。
お気に入りのプチおやつ。

4月からの学習に、小さな『お気に入り』を加えると学習運もアップしそう♪♪ですね。


では、生活保護関連の練習問題を1問 1答で!

(もんだい1)

生活保護法は憲法第25条に規定する生存権の保障の理念に基づき行われる。

(もんだい2)

国家責任の原理とは国がその責任において最低生活の保障を行うことをいう。

(もんだい3)

無差別平等の原理とは生活困窮者の信条、性別社会的身分などによる差別的な取り扱いなどを受けないことをいう。

(もんだい4)

最低生活の保障とは健康で文化的な生活水準の維持を保障することをいう

(もんだい5)

補足性の原理とは、保護を受けるための前提として守るべき最小限の要件を定めたものである。

(もんだい6)

介護扶助は原則として現物給付とされる。

(もんだい7)

住宅扶助は、住宅の確保及び、その他住宅の維持のために必要なものが対象とされる。

(もんだい8)

医療扶助は原則として指定医療機関に委託して行う現物給付とされる。

(もんだい9)

生活扶助は原則として1ヶ月分が世帯主またはこれに準ずる者に対して交付される。

(もんだい10)

介護扶助の範囲には介護予防福祉用具や、介護予防住宅改修もふくまれる。


楽勝だったでしょうか?
正解は、全問(○)に。

生活保護関連では、支援分野における出題と福祉分野における出題のパターンを比べてみると学習に役立ちおすすめであります。

目指せ!!保護の達人。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ