練習問題です! 2015年04月29日


01-green2

こんにちは
合格オンラインの井上です。

さあ!【黄・金・週・間】

でも、連休シフトでいつも以上に忙しい方や、家族サービスで自由時間ゼロ!なんて方もおられることでありましょう。

本日より、連休特集難問系過去問題を五肢複択形式でご紹介いたしますね。

皆さま、毎日10分間だけどうぞ宜しく御付き合いくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、五肢複択でどうぞ!

(もんだい)
2011年の介護保険制度改正に関連する内容として正しいものはどれか。3つ選べ。(第16回 問題2)

(1)
地域包括ケアシステムでは配食等の生活支援サービスを推進することとした。

(2)
認知症対策の推進のため、市民後見人を育成及び活用することとした。

(3)
有料老人ホームにおける権利金の受領を禁止した。

(4)
認知症ケアパスに係る調査研究の推進を医療保険者の責任とした。

(5)
地域密着型サービスの介護報酬を全国一律とした。


いかがでしたか??

正解は、(1)(2)(3)ですね。

(1)は、地域包括ケアシステムの5つの視点による取り組みの1つに該当します。
よって、(○)ですね。

(2)は、認知症対策の推進として、市民後見人の活用が掲げられています。
よって、(○)ですね。

(3)は、有料老人ホームの利用者保護規定によります。

この1つに、権利金の受領禁止が規定されました。
よって、(○)ですね。

では、(4)はどの部分が誤りなのでしょうか??

ずばり!! 医療保険者の部分であります。

正しくは、国、及び地方公共団体の新たな責務となります。

今後、爆発的に増加すると見込まれる認知症者数。

認知症に関する調査研究の推進等として、介護保険法 第5条の2に規定されました。

(5)の地域密着型サービスの報酬ですが正しくは地域により報酬が異なります。

人件費など勘案しての報酬となりますので、全国一律ではないのですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

過去問題を解かれるときはぜひ! 講師になりきって○の理由、×の理由を説明なさってみて下さいね。

記憶に残り、おすすめです。

それでは、また明日。

受験願書

http://jyouhousite.com/csent/

■無料サービスコード

http://jyouhousite.com/kcode2015/

無料過去問題

http://jyouhousite.com/kakomonn/






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ