No.429【ケアマネメルマガ】  2015年07月03日


こんにちは
合格オンラインの井上です。

『ドーバーばばぁ』。

井上の語呂合わせみたいでありますが、実は、これ映画のタイトルなんです。

54歳から67歳の女性6人がドーバー海峡をリレーして泳いで渡るまでの実録です。

ちなみに、チーム名は、『織姫』。
7月に観たい名作ですね!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、保険料の学習です。

1号保険料は年金天引きか窓口での支払いによって徴収されることが判明。
では、2号保険料は???

ここで思い出していただきたいのが、第2号被保険者の【定義】であります。

市町村内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者ですよね。

ふっふっふ。
もう、お気付きですね??

★★★★★★★★★★★★
医療保険者が徴収が正解!
★★★★★★★★★★★★

パターンは2種類あります。

健康保険の場合と国民健康保険の場合ですね。

2号保険料も本試験では何度も問われていますので御紹介してみましょう。

よろしければ ○、×でトライを。


(もんだい1)
医療保険者は第2号被保険者の保険料を社会保険診療報酬支払基金に、納付しなければならない。(14回 問題4より)

(もんだい2)
第2号被保険者の保険料は社会保険診療報酬支払基金から各市町村に介護給付費交付金として交付される。(13回 問題12より)

(もんだい3)
第1号被保険者の保険料は市町村が定め、第2号被保険者の保険料は広域的に都道府県が定める。(10回 問題11より)

いかがですか??
1は○、2は○、3は×に。

2号保険料は、料率に従い、医療保険者が算出します。

天引きされてから市町村に納入されるまでのながれもぜひ理解しておきましょう。

それでは、良い週末を。

受験願書

http://jyouhousite.com/csent/

■無料サービスコード

http://jyouhousite.com/kcode2015/

無料過去問題

http://jyouhousite.com/kakomonn/






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ