練習問題です!  2015年07月04日


こんにちは
合格オンラインの井上です。

10パーセントになるのも時間の問題である消費税さまざまな使い道が期待されますよね。

今回の増税による増収分それを基にした基金が【地域医療介護総合確保基金】であります。

27年度法改正にともなう『NEWワード』として設問に登場する可能性が高いとおもわれます。

本日、少しおさらいです。

病床の機能分化・連携、在宅医療、介護の推進、医療・介護従事者の確保勤務環境改善等の効率的かつ、質の高い医療提供体制の構築と、地域ケアシステムの構築のためにさまざまな人材確保や、施設の整備が必要となります。

つまり、つまり、つまり
資金が必要なのですね!!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そこで都道府県に創設されたのが、新たな財政支援制度である、地域医療介護総合確保基金であります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

基金をもとにした事業には介護従事者の確保があり、都道府県計画を踏まえて、実施される【参入促進】【資質向上】【労働環境処遇の改善】に資する事業が行われます。

(1)参入促進として・・・

地域住民や学校の生徒に対する介護や介護の仕事に理解の促進、高齢者など地域住民による生活支援の担い手の養育等への支援

(2)資質の向上として・・・

介護支援専門員に対する研修や、喀痰吸引をはじめとする介護人材のキャリアアップ研修への支援

(3)労働環境・処遇の改善として・・・

管理者に対する雇用管理改善のための説明会、介護従事者の負担軽減のための介護ロボット導入、子育て支援のための施設内保育施設運営に関する支援

皆さまの納税分も基金にいかされています。
オーナー目線で??ここはじっくり学習ですね。

受験願書

http://jyouhousite.com/csent/

■無料サービスコード

http://jyouhousite.com/kcode2015/

無料過去問題

http://jyouhousite.com/kakomonn/






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ