No.430【ケアマネメルマガ】  2015年07月07日


こんにちは
合格オンラインの井上です。

7月 7日 七夕ですね。

実は、七夕の行事食って『そうめん』だと御存知でしょうか??

千年も前から七夕の行事食だったそうで、織姫さまの織り糸や、輝く天の川に見立ててのことという説もあるそうです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

では、少しだけ学習です。
テーマは介護保険の財源であります。

介護保険の法定給付に要する費用は

☆☆と、★★★により、それぞれ、50パーセントづつ まかなわている。

それぞれに、何があてはまると思われますか??

☆☆には、 『公費』
★★★には、『保険料』が正解ですね。


ここでの、公費とは
租税を財源とする国および地方公共団体の負担金のことをさします。

1号、2号保険料と税金。
これが、介護保険の財源なのですね。

それぞれ50パーセントづつである財源内訳の公費これは、さらに分担があり、施設等給付費については、国が20%、都道府県が17・5%、市町村が12・5% です。

それ以外の給付では、国が25%、都道府県が12・5%、市町村が12・5% です。

そして・・・

国の負担には弾力性があり5パーセント相当分は、市町村間の第1号被保険者の所得分布などに応じて調整される仕組みです。

この、5パーセント分は調整交付金と呼ばれます。

市町村および都道府県は一律定率負担であることも覚えておきましょう。

ケアマネ試験ではお金に関する問題も、多く登場します。

頑張って、お得意様問題になさってくださいね。

受験願書

http://jyouhousite.com/csent/

■無料サービスコード

http://jyouhousite.com/kcode2015/

無料過去問題

http://jyouhousite.com/kakomonn/






コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ