練習問題です!  2015年08月22日

こんにちは
合格オンラインの井上です。

秋虫たちの声が聞きながら久しぶりにエアコンOFF。
久しぶりに朝までぐっすり夏バテが消えた井上でした。

皆さまもどうぞ、美味しい御食事や運動など上手なリフレッシュで8月を乗り切って下さいね


では、練習問題をどうぞ!
1問1答、本日のテーマは高齢者の薬剤管理です。

(もんだい1)
服用した薬剤は、主に尿から排出されるため尿量の確認が大切である。

(もんだい2)
抗うつ剤を内用している場合には、ふらつきや便秘などの副作用に注意する。

(もんだい3)
抗うつ薬を服用している場合には、口渇、排尿困難、嚥下障害などの副作用に注意する。

(もんだい4)
高齢者は、薬剤により神経症状を来たしやすい。

(もんだい5)
抗パーキンソン病薬の副作用として、口渇がある

(もんだい6)
消炎鎮痛薬の副作用として食欲不振がある。

(もんだい7)
鎮痛薬のモルヒネを使用する場合には、嘔気や嘔吐便秘などの副作用の対策をおこなう。

(もんだい8)
高齢者の口腔乾燥は唾液腺疾患のみでなく、利尿剤や抗うつ薬などが原因になることもある。

(もんだい9)
鉄剤の副作用として消化器症状がある。

(もんだい10)
抗不安薬の副作用として便秘がある。


いかがでしたか??
10問全部、○になります。

口渇や便秘って薬剤管理

学習における常連ワード。

対策もイメージしながらどうぞきっちり得点源に!なさってくださいね。


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ