【法改正】おさらいです♪♪  2015年08月29日


こんにちは
合格オンラインの井上です。

ようやく朝夕過ごしやすくなってまいりました。

できれば本試験シュミレーションを行いたいところであります。

試験当日と同じ時間に起床身支度を整えたら駅まで。

9時までに、気分すっきり絶好調で着席。
ファミレスなどで2時間集中して過去問を解く。

帰宅したら、ベストパフォーマンスに向けての評価&考察をぜひ。


では、練習問題をどうぞ。
1問 1答で、トライを!!テーマは27年度法改正です。

(もんだい1)
介護老人福祉施設の入所は原則、要介護3以上の者となった。

(もんだい2)
地域密着型介護老人福祉施設の入所は原則、要介護3以上の者となった。

(もんだい3)
平均報酬改定率はマイナス2・27パーセントである。

(もんだい4)
一定以上の所得のある第1号被保険者の、利用者負担を2割とした。

(もんだい5)
特定入所者介護サービス費の支給条件が見直された。

(もんだい6)
高額介護サービス費の基準額が変更された。

(もんだい7)
通所介護における夜間及び深夜サービス提供時の運営基準が厳格化された。

(もんだい8)
通所介護において事業所に宿泊を行う場合は延長加算は認められないとされた。

(もんだい9)
養護老人ホームが提供する特定施設入居者生活介護も一般型が可能となった。

(もんだい10)
小規模多機能型居宅介護の利用定員が29人以下となった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いかがでしたか??
正解は、全て○になります。

特養、及びミニ特養への入所は要介護1、2の場合であっても市町村の適切な関与の下、施設の入所検討会での検討を経て、特例的に入所が認められることもあります。

施設以外での生活が著しく困難な場合などですね。


 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ