練習問題です!  2015年09月06日


こんにちは
合格オンラインの井上です。

実はビジネスチャンスとも呼ばれるのがクレーム

クレーム(9月6日)の日にちなみ本日のテーマは介護保険審査会です。
1問 1答で、トライを♪♪


(もんだい1)
被保険者証の交付の請求に関する処分の取消しの訴えの提起は介護保険審査会の裁決後でなければならない。

(もんだい2)
要介護認定に関する処分は対象となる。

(もんだい3)
介護保険審査会の長は、公益代表委員のうちから1人置かれる。

(もんだい4)
保険給付に関する処分又は保険料その他介護保険の徴収金に関する処分は審査請求の対象となる。

(もんだい5)
介護保険審査会に合議体を設置する。

(もんだい6)
専門調査員を置くことができる。

(もんだい7)
各都道府県に1つづつ知事の附属機関として設置される。

(もんだい8)
審査は原則として介護保険審査会が指名する委員で構成する、合議体により行われる。

(もんだい9)
専門調査員の身分は非常勤地方公務員とされる。

(もんだい10)
審査請求にかかる処分の種類によって審査請求を取り扱う合議体の組織が異なる。


いかがでしたか??
10問すべて、○になります。

審査請求という言葉に少しひるみますが、不服申立ととらえると身近になるかとおもいます。

本来の意味は意見の主張とされるクレーム。
しっかりと耳を傾けねばですよね。

本試験に向けがんばって国民健康保険団体連合会や介護認定審査会との相違点なども、押さえておきたいところであります。


 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ