つぶやき(2015_No.15)

【つぶやき方法】
つぶやきは、goukakuonline★gmail.comに「無記名」で送信して下さい。?

★印を@に変えてから送信して下さい。
または、●こちらをクリックして下さい。●

つぶやきは、スタッフにより随時アップ致します。
誹謗中傷など不適切な内容のつぶやきは、アップしませんのでご承知置き願います。


2015つぶやき
No.1No.2No.3No.4No.5
No.6No.7No.8No.9No.10
No.11No.12No.13No.14No.15
No.16No.17No.18No.19No.20
No. 21No. 22No. 23No.24No.25
No. 26No.27No.28No.29No.30
No.31No.32No.33No.34No.35

★☆No.281何とか合格できました。
ありがとうございます。
反省点は過去問に取り組んだのが1ヶ月くらい前で遅かったことです。
最後の一週間はほぼ徹夜で家族にとても迷惑をかけてしまいました。
2ヶ月くらい前には過去問開始でも早くはないかと思いました。
★☆No.282合格しました。
辛くて苦しい試験でした。
これから研修がんばります。
★☆No.283おかげ様で3回目にして無事合格できました!
メールが来るおかげで、やる気がない時にもやらなきゃという気になる事が出来ました。
難しかったのはやる気の持続ですね。
今月からの講習、頑張ってケアマネの仕事を始めたいと思います。
ありがとうございました!
★☆No.284参考書と問題集を、カテゴリーごとに同時に進める方法で勉強しました。
毎日30分だけでもコツコツとやっていたのが、よかったのかもしれません。
★☆No.28517回のケアマネ試験で、自己採点でのトータルは合格ラインありましたが、分野別得点で、合格ラインに満たなかったので不合格でした。
こんなこともあるんだなぁ。と反省しきりです。
★☆No.286合格することが出来ました。
井上さん、学習メールありがとうございました。
15・16回の試験では、支援分野で1点足らず…泣いていました。
今回は、支援分野を中心に井上さんからの学習メールと、六訂版の分厚い参考書を使用して学習しました。
今月から、研修が始まります。頑張ります。
本当にありがとうございました。
★☆No.28726年度、2度目の試験での合格でした(福祉免除)。
苦労したことと言うか、いかに怠けず勉強するか、という自分を律するのが大変でした。
”今日はもう疲れてるから明日でいいや”と、何日も問題集等を開かなかったりとか。
でも、”来年は免除がないから、ここで受からないと”と自分に言い聞かせてました。
問題集で間違ったところを重点的に勉強するのですが、やっぱり覚えられなくて間違うと”大丈夫なのか、間に合うのか”と焦ったりしました。
25年度で医療が1点足らずだったので、8割を目標に勉強しましたが15点でちょっと悔しかったです。前回もですが、制度的なことはもちろん、常識的なことで選択を誤っていることがあり、もう少し基本テキストを読み込んでおけばよかった、と思いました。
★☆No.288メルマガの学習がとても役に立ち、少しの時間の学習から、勉強時間が膨らみました。とても感謝致しております。ありがとうございました。
★☆No.289お世話になりました。
合格致しました。
テキストを2回読み、過去問6年分を何回か解きました。
分からない単語があると、記憶が出来ませんでした。
分からない単語を調べることで、内容を理解し、記憶することが可能になりました。
去年と今年、2年掛かりましたが、無事合格できました。
ありがとうございました。
★☆No.290お世話になりありがとうございました!
悩みとして、やっぱり仕事しながらの勉強時間を確保する事が難しく、ちゃんと出来たのは試験2日前からでした。それまでは携帯で時間のある時に過去問をひたすら解き、問題慣れをするようにしてました。
受かったのが不思議な感じです。
今後もぜひ、1人でも多くの合格者が出るように情報収集、提供を頑張って下さい!
ありがとうございましたm(__)m

★☆No.291出題範囲が広かったですが、今年度受験する方にはテキストを1日1ページでも進める精神でコツコツとやれば大丈夫です。短期間でまとめて知識を詰め込む方が大変です。
★☆No.292支援23、医療16でした。
反省点としては、医療の点数が今一、自分的に納得できるものではなかった事です。
今までお世話になりました。
改めて御礼申し上げます。
★☆No.293お世話になりました。
ありがとうございました。
2014年 1月に介護福祉士、筆記&実技試験を一発合格しました。
続いて10月介護支援専門員に合格。と試験漬けの一年間でした。
介護福祉士合格の勢いにのり、周囲のサポート、勤務をしながら休憩時間に合格オンラインのお世話になりコツコツと勉強してきました。
今後は、介護支援専門員の実務研修を頑張りたいと思います。
★☆No.2942回目で合格しました。
1回目は、過去問中心の勉強法で見事不合格。
なぜ、落ちたのかと考え、応用力のなさでした。
なので、2回目はテキスト中心の過去問は、力試しみたいな感じで取り組み、合格できました。
合格オンラインさんのメールの練習問題が楽しみでした。
1度目に落ちた時に送ってくれたメールに救われ、次こそはと思い勉強してました。井上さん、いろいろお世話になりました。ありがとうございました。
★☆No.295参考書を1冊。
過去問題集を3冊。
予想問題集を1冊。
を使用し勉強しましたぁ〜
1回で合格してやる!!っと、必死に勉強して一発合格
幅広く、やや深く勉強しましたぁ~
だから合格点はギリギリだったかなぁ…
もっともっと深く勉強したら安心して結果待ちできたかぁ…
★☆No.296私は、訪問介護をしながら、試験に取り組みました。移動時間の合間にメールでの問題をとき、試験問題や、知らない事への情報源にさせていただきました。
1つの問題集だけにとらわれず、いろんな所からの情報をとり、合格出来ました。
お世話になりました。
★☆No.297やはり、毎日コツコツと勉強することと基本的介護保険制度は間違えないように覚えました。
★☆No.298いつもメールありがとうございます。
試験問題数は60問でしたので、勉強は過去問を解くこと、参考書一冊を読んで覚えれるだけ暗記すること、制度に関して自分で内容を調べて理解して暗記すること、以上を必死に行いました。
★☆No.299ケアマネ試験勉強で苦労した点についてですが、私の場合、仕事と闘病をかけもちしながらの勉強であったため、他の受験生とは見解が異なると思います。
なので、あくまでもレアケースの茶飲み話としてご覧いただければ幸いです。

実は、昨年(2014年)の4月に大腸癌(肺、肝臓、小脳転移)に罹患してしまいました。残念ながら腫瘍が切除しきれなかった為、ストマを設置し、働きながら(特養の介護員)化学療法(抗癌剤治療)を受けることになりました。現在も化学療法は継続中です。化学療法も回数を重ねるごとに副作用が激しくなり、ひどい時には食事どころか立ち上がることもままならぬこともありました。

この状況が試験日直前まで続いていた為、「自宅と試験会場の往復」や「試験時間の90分間の体力維持」が不安で、今回の試験は受験できるかどうかすら危うい状況でした。

しかし、
①入院中も退院後も(現在も)ずっと支え激励してくれた職場の同僚や友人達をはじめたくさんの人たちの顔
②(「①であげたみなさん」に支えられながら)自分で基本書として決めた参考書・問題集を何度も何度もやり直し、上記の通り立つこともままならぬ状況の時はお守り代わりに枕元におき手に触れるようにして頑張った日々を思い出し、「ここで受けなければ絶対後悔する」と思い、痛みどめを飲んだ上で何とか試験会場までたどりつき受験し、合格することができました。

よく「仕事をしながらの受験勉強は勉強時間の確保が難しい」ということを耳にしますが、そんなことはないと思います。現にこうして闘病、仕事、勉強を両立して合格をつかみ取った人間がいるわけですから。
私の場合、「自分でいつの間にか勉強時間を確保」していました。この「いつの間にかの時間確保」ができた理由は以下の3点だと思います。
◆「自分を支えてくださった方々に対する恩返しをしたかった」という想い
◆必死だった
◆「知識のインプットを楽しんでいた」:インプットした知識と仕事・治療との関わり・有用性がわかる度に基本書との取り組み(受験勉強)が面白く楽しくなってきた。

ご覧いただければお分かりの通り、これら3点は、心掛け次第で実現・実行は容易だと思います。

これから受験する方におかれましては、是非、これら3点を常に心がけて勉強に取り組んでいただき、ぐっと合格をその手に手繰り寄せていただければさいわいです。

乱筆乱文失礼しました。
最後に、御合格オンラインの益々のご発展をお祈り申し上げます。
★☆No.300試験三ヶ月前の三日間は一日8時間。二ヶ月前にも二日間。と2回外部の模擬テスト。一カ月前にも一日。試験一週間前三日間で、一ヵ月に一冊づつ仕上げた予想問題集の末尾の模擬問題と二回受けた外部模擬テストで時間配分をし、後は見直しして終了です。
三ヶ月間で三冊の予想問題集と外部もぎテストして時間配分をしました。お金も時間ももったいないし勉強したくなかったので短期集中で終了です。勉強しなかった日は試験のことなんか全く考えませんでした。。考えると血圧上がって吐き気して気が狂いそうでした。
介護保険のこと報道で流れてても興味なかった私です。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ