福祉用具貸与・特定福祉用具販売

ケアマネ,介護支援専門員,試験,試験対策,2015,2016,27年,28年,18回,19回,介護保険制度改正,福祉用具,専門相談員


福祉用具貸与・特定福祉用具販売

改定事項と概要【福祉用具貸与 介護保険制度改正2015】

(1) 複数の福祉用具を貸与する場合の価格の適正化
福祉用具の貸与価格について、複数の福祉用具を貸与する場合は、給付の効率化・適正化の観点から、予め都道府県等に減額の規程を届け出ることにより、通常の貸与価格から減額して貸与することを可能とする。

(2) 福祉用具専門相談員の資質の向上(運営基準事項)
福祉用具専門相談員の指定講習内容の見直しを踏まえ、現に従事している福祉用具専門相談員について、福祉用具貸与(販売)に関する必要な知識の修得及び能力の向上といった自己研鑽に常に努めることとする。

 

 

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

福祉用具貸与品目と福祉用具購入品目の違いは、理解しておく必要があります。

今回の改定では、複数の福祉用具を貸与する場合、例えば、ベッド+車椅子+自動排泄処理装置などを一緒に搬入する場合は、一回の運搬で搬入できます。そう考えると、コストが一括される部分は、減額割引できるのではないかとう観点から複数品目を対処する場合は割引できる仕組みと変更になりました。


福祉用具貸与・特定福祉用具販売
(1) 複数の福祉用具を貸与する場合の価格の適正化
(2) 福祉用具専門相談員の資質の向上

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ