訪問看護

訪問看護,要介護,訪問看護ステーション,リハビリテーション,報酬,基準,ケアマネ,介護支援専門員,2015,2016,第18回,第19回,介護保険制度改正


訪問看護

改定事項と概要【訪問看護 介護保険制度改正2015】

(1) 中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価
在宅における中重度の要介護者の療養生活に伴う医療二-ズヘの対応を強化する観点から、充実したサービス提供体制の事業所に対する評価を行う。

(2) 病院・診療所からの訪問看護の充実
医療機関の患者の在宅復帰の促進、在宅における要介護者の重度化も含めた訪問看護のニーズは更に高まることか想定されることから、将来的な訪問看護従事者の増員を図るべく、病院又は診療所からの訪問看護供給量の拡大を促し、同時に病院看護職に対するOJT(訪問看護への従事)による訪問看護職の育成を推進するため、病院又は診療所からの訪問看護について、基本報酬を増額する。

(3) 訪問看護ステーションションにおけるリハビリテーションの見直し 訪問看護ステーションからの理学療法士、作業療法士、又は語聴覚士による訪問看護の一環としての訪問と、訪問リハビリテーション事業所からの訪問リハビリテーションについて類似した実態にあることから評価の見直しを行う。

ケアマネ試験対策2015-2016:ワンポイントアドバイス

訪問看護関の試験でよくあるひっかけ問題、意地悪問題は、
訪問看護ステーションから理学療法士等が訪問をしてリハビリを提供した場合は、 訪問看護として介護報酬を算定します。
訪問リハビリテーションから理学療法士が訪問をしてリハビリを提供した場合は、 訪問リハビリテーションとして介護報酬を算定します。

(3)については、上記の理解していないと理解しにくいかもしれません。 訪問看護の人員基準も確認をしておきたいところです。詳細は下記の(3)をご確認ください。

訪問看護
(1) 中重度の要介護者の在宅生活を支える訪問看護体制の評価
(2) 病院・診療所からの訪問看護の充実
(3) 訪問看護ステーションにおけるリハビリテーションの見直し
報酬のイメージ
基準等

【特設】介護保険制度改正の詳細解説・資料等 icon_new03-c10 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ