平成24年 介護支援分野 問題24 解説・解答

第15回介護支援専門員実務研修受講試験 ケアマネ試験 平成24年 過去問題 2012


≪戻る

問題24 【事例 老老介護】 難易度 易

ラスト2問は毎年お決まりの事例問題です。時間切れや、あせりにより取りこぼしをしたくない問題です。
事例問題では、読み間違い、勘違い、思い込みをなくし、事例を正確に客観的に読み取ることが大切です。
この事例は、現場で今後益々増える、【老老介護】がテーマです。介護支援専門員の取るべき対応を問うた問題となっているようです。
【より適切なものを選べ】となっているので、選択肢1個だけを取り出して判断すると、正答しにくくなります。

1×
衛生状況、排泄状況、栄養状況、の劣化を見守りや放置では、生命の危機が訪れる可能性が高く、時間の余裕はないと判断すべきでしょう。迅速な対応が必要となります。

2○
適当と判断します。

3○
適当と判断します。

4○
適当と判断します。

5×
御夫婦の状況を察すると、理解不足や情報不足、心情的なものが原因で、現状があると推測でき、虐待と判断する状況にないと思われます。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

他人の過ちから学ぶことが必要だ。
自分でそれらすべての過ちをするほど、長生きはしないのだから。
byハイマン・G・リッコーバー♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ