平成24年 保健医療サービス分野 問題31 解説・解答

平成24年 第15回 保健医療サービス分野 解説・解答 介護支援専門員実務研修受講試験 ケアマネ試験


≪戻る

問題31 【薬剤管理指導】 難易度 易

早朝出発で、支援分野25問と格闘。大急ぎで医療分野にあたまの中を切り替えて・・・と、このあたりでどなたも疲れが出る頃でもあります。さあ、皆さまここで、深・呼・吸タイムです。そして、大切なことをチェックするタイミングでもあります。この段階で、時計の針は何時・何分を指しているでしょう?? 

正しい時間配分・正しいペース配分は合格の基本であり近道。気分すっきりで1問:90秒でGO!!GO!!GO!!

1○
設問のとおりです。
オンライン1回目模試問題31にもありましたが、これまでドネペジルのみだった治療薬以外にも使用可能なものが増えています。日進月歩の医療分野。時々最新ニュースをチェックする時間をもつのも御仕事にも大いに役立ちそうですね。

2×
がん性疼痛は、がん患者さんにとって耐え難い症状とされます。疼痛管理における目標は、痛みにより日常生活の範囲が狭くならず、ふだんの生活行動でほとんど痛みを感じない程度のペインコントロール(疼痛管理)を図ることとされ、徐痛目的のため麻薬の使用ももちろん用いられています。
本試験ではすでにお約束の問題としてあげられる、【がんにおける疼痛管理】。専門職として正しい知識は必須です。


3×
呼吸器疾患が悪化しちゃうのかな??と、×になさった受験生さんも多かったかもしれませんね。
COPDの患者さんは感染症が重症化しやすく、かつ、COPDの増悪原因となることからワクチンの接種が重要となります。つまりは、接種に問題がなければ推奨されているということになるのですね。
特にインフルエンザワクチンは重篤な増悪を減少させ、死亡率を約50パーセント減少させるとの報告もあるそうです。御本人はもとより、御家族や介護者のワクチン接種にも配慮が必要といえるでしょう。
近年の本試験で、受験生さんを悩ませるためかのように度々登場しているのが、予防接種にちなむ問題です。
この傾向は第16回にもみられると予想いたしますので、予防接種法における注意事項や各種疾患の特徴などは一覧表にまとめてしっかり把握しておきたいところですね。

4○
設問のとおりです。

5○
設問のとおりです。
薬剤の副作用の学習では、使用薬剤の副作用をしっかり暗記するとともに、副作用の症状から使用薬剤を考える(推測してみる)方法もなさっておくと、得点につなげやすくおすすめです。

がんばれ受験生! 合格祈願 名言・格言・ことわざ

私たちは失敗はしない。勉強しているだけだ。
byアン・ウィルソン・シェイフ♪

≪戻る




コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ